ヤン のすべての投稿

ヤン について

語りの森を作った魔女

絵本講座📚

きのうは、図書館主催の絵本読み聞かせ入門講座の4回目。

コロナ対策のため定員が10名と少ないのですが、少人数を活かした学びができないかと、司書の方と相談して進めてきました。

絵本とは何か、子どもにとっての絵本の意味は、など、基本的な講義もしつつ、今年は、先週第3回で、「私の大切な絵本」を受講者の皆さんに持参していただき、おはなし会形式で読んでもらいました。
子どもの頃の絵本や、子育てや孫育てで出会った絵本などなど、10冊が個性的に並びました。そして、その思い入れも語っていただきました。
人と絵本との出会いやかかわりについて考えることができました。

それだけでも大変興味深かったのですが、きのうは、司書さんが、その10冊と、同じ著者の作品や同じテーマの作品を数冊ずつ、会場に展示してくださっていました。
おかげで、先週本を紹介した本人もふくめ、みんなにとって世界が広がりました。
司書さんのプロの仕事に、拍手!

で、きのうは、「よい絵本の見つけ方」がテーマでした。
みなさんには、この本どうかな?と疑問に思うものを持ってきてくださいと、宿題を出しておきました。

これがまた、おもしろい本が並びましたよ。

たとえば。
『みてる』(岩合光昭)を取り上げて、わたしは好きなんだけど、幼い子には写真より絵のほうがいいんだろうかっていう疑問。
もちろん、写真だからこその意外性や面白さがあります。それで、写真絵本の良さを確認することができました。

たとえば。
『もこ もこもこ』(谷川俊太郎・元永定正)を取り上げて、これって、子どもにどんなふうに読めばいいんだろうという疑問。
どんなふうにでもいいんですよね。自分の感性で楽しんで読むのが大事。そして、子どもに「もう一回!」て言われるうれしさ。

たとえば。
『えじえじえじじえ』(谷川俊太郎・佐藤可士和)を取り上げて、これはどう読めばいいんだろうという疑問。
じつは、わたし、まだ読んだことなかったんですよ。お恥ずかしい。
強烈におもしろい絵本です。

などなど、疑問からこそ学びが広がるんだなあと実感しました。
少人数だからこそできる学びです。

次回は最終回。
4回の学びをもとに、図書館でこれぞという本を探してきてもらうのですが、めっちゃ楽しみです。

************

きのうのおはなしひろばは、ペローの「長ぐつをはいたねこ」。
聞いてくださいね~

ああ、北風にのって、わた雲が飛んでいく~

 

ババ・ヤガーの娘たち🦉

FMラジオをBGMに家事をしていたら、ペギー葉山の「学生時代」が聞こえてきてね。
ちょうど中高生の頃、大好きでね、しょっちゅう歌ってたんやなあ。
音楽部の部室とか、学校の中庭とか、学校帰りのあぜ道とか、家に帰っても窓から外に向かって~
だから、なつかしくって、大きな声で歌ってみた。
ちゃんと3番まで覚えてたよ。

夢多かりしあの頃の思い出をたどれば~♪
懐かしい友の顔がひとりひとり浮かぶ~♪

あっはっは。そこで涙が出た(✿◕‿◕✿)
ほんとに、遠くまで歩いてきたもんや。

それはさておき。

雪の降る夜は 楽しいペチカ~♪
ペチカもえろよ お話しましょ~♪
むかしむかしよ もえろよペチカ~♪

北原白秋の「ペチカ」は、小さい頃から、母や祖母が歌ってくれたなつかしい歌。
この歌も、窓から歌ってたなあ。
団地住まいやったから、窓の外は広~い空間。
広い空間があったら、歌いたくなるでしょ。

あ、なんだっけ?
あ、そうそう、コロナでお休みばっかだったババ・ヤガーの初級クラスの人たちが、自主トレと称して、自分たちで対面のおはなし会を続けてきたって、この井戸端会議でも読んでくださってると思うけど、こんど中級クラスにも声をかけて、仲間を広げようということになったそうで、その会の名前が、「あったかペーチカ」だって。
まだ仮称だそうですが。
始動が楽しみです。
ゆるゆると、お話を楽しみましょうというあったかいグループらしい。

ババ・ヤガーの内部で自然発生的に生まれた新しい集まり。
いいなあ。
ババ・ヤガーの娘たち。

おはなしは、子どもにも語りたいけど、自分たちも楽しみたいよね。
わたしも、コロナのおかげで、そんな思いが強くなった。
ときどきペーチカにあったまりに行こ!

**************

ババ・ヤガーのメンバーの素敵なブログをご紹介します。
福音協会キッズクラスの活動がつづられています。
写真も美しいのよ。
楽しい活動報告に、心があったかくなります。
こちら⇒
でね、18日に、おはなしひろばのことを紹介してくださっててね、とっても嬉しくって(❤´艸`❤)
みんな、読んでね~~~

 

10月のおはなし会🎃

なんだかいきなり冬ですね~~~
せめて秋が欲しかった。
といっても、まだ紅葉してませんね。
わけわからん。ひっかきまわされます。

おはなし会の報告です。

10月4日
小学2年生 授業 1クラスずつ2回

おはなし「ハヴローシェチカ」『語りの森昔話集2ねむりねっこ』村上再話/語りの森
てあそび「どんぐりころちゃん」(仲間)
おはなし「ねこのしっぽ」『語りの森昔話集4おもちホイコラショ』(仲間)
おはなし「ちいちゃいちいちゃい」『イギリスとアイルランドの昔話』石井桃子編訳/福音館書店
ブックトーク「小さいもの」(仲間)

ソーシャルディスタンスをとるから、教室いっぱいに広がって聞いてくれました。
おはなしは、肩寄せ合って、なんて、ぜいたくなことをいってはいられません。
ブックトークのテーマとも絡ませながら、なかなかバランスの取れたプログラムになりました(自画自賛~笑)
いやいや、子どもたち、楽しんでくれましたよ~

今日、下校中の男子ふたりが、買い物途中の私を見つけて、声をかけてくれました。
子ども「あ、〇〇さん!また来てくださいね~」
わたし「(丁寧やなあ)うん。また行くね。ありがと~」

10月18日(月)
幼稚園
4歳児

手遊び「ろうそくぱっ」
おはなし「おおかみと七匹の子やぎ」『語るためのグリム童話』小澤俊夫監訳/小峰書店
手遊び「ろうそくぱっ」

3歳さんの時の劇遊びで「おおかみと~」をやったこともあって、余裕で聞いてくれました。
というか、ストーリーが分かりすぎるほどわかっていて、緊張感がなくて、語り手としては面白みに欠けました(笑)

わたし「ところが、入ってきたのは、」
子ども「おおかみ~!」
わたし「そう、おおかみでしたあ」
・・・・・・・・・・・・
わたし「七匹目の子ヤギは、」
子ども「時計の箱!」
わたし「そう、柱時計の箱の中に~!」

それでも、ひさびさのおはなし会、機嫌よく聞いてくれましたよ。

5歳児

手遊び「ろうそくぱっ」
おはなし「おいしいおかゆ」『おはなしのろうそく』東京子ども図書館
おはなし「ギーギードア」『おはなしはたのしい』たなかやすこ
手遊び「ろうそくぱっ」

「おいしいおかゆ」を5歳で語るのは初めてでした。だいたい4歳の始めか、もしくは小学生。今までで一番受けたのは5年生~
さて、今日の5歳さん、わあわあ、きゃあきゃあと笑い転げていましたよ。
おかゆが足もとに流れこんできたかのようでした(笑)
途中で何度も、「食べたらいいのに!」と叫んでいました。
それで、結末で、町の人が食べながら帰るところ、えらく満足そうでしたよ(笑)

「ギーギードア」は去年の12月に聞いて、今年7月にリクエストがあった話。
約束通り(いや、だれもおぼえてへん)語りました。
この話は、くりかえしをいっしょに唱えるのが楽しいようで、いつも、「ぎーぎーぎー」とか「(トミーは)わあ~」とか、「~に、ちゅっ」とか一緒にいいます。
きょうは、それに加えて、「ぽと、ぽと、ぽと」も言ってましたね。

こちらは2話とも、とってもはじけたおはなし会でした\(@^0^@)/

******************

今日のHP更新は《日本の昔話》
岩手県の「うろこ玉」です。
語ってくださいね~

 

 

コーヒーのひみつ☕

毎朝、豆をがりがりがりとひいて、コーヒーを一杯頂くと、さあがんばろうって気持ちになる。

久しぶりに図書館の書架で、ふらりと一冊かりてきた絵本。
『コーヒー』石脇智広監修、堀川理万子絵と造形/農文協
「知りたい・食べたい熱帯の作物」シリーズの一冊。

ちょうど、今朝の新聞に、世界のコーヒー事情について書いてあった。
コーヒー栽培が貧困を救っていることとか、児童労働を強いている国があるとか。むやみやたらとコーヒー農園を作ることで森林破壊が起きていることも。
土地と自然を守りながら適正価格で流通するために、さまざまな工夫がなされていることも。

で、昨日、絵本をかりてきてたので、記事がとってもよく理解できた(笑)
状況の一致ね~

絵本にもどるけど、コーヒーの故郷はどこだと思う?ー第1問
ヒント:アフリカから広がって行った。いまは、赤道をはさんで北緯25度から南緯25度の地帯で栽培されていて、コーヒーベルトって呼ばれてる。

コーヒーは、もともと、薬だったそうです。
赤い実はほんのり甘いんだって。

コーヒー豆の種類はとっても多いんだけど、実際に飲まれているのは2種類。アラビカ種とカネフォラ種。
グアテマラとか、ブルーマウンテンとか、キリマンジャロとかは、みなアラビカ種なんだって。産地の名前が豆の名前になってる。産地の環境や育て方の違いで、豆の味も変わってくるんやね。

この絵本のおもしろいところは、ときどきQRコードが印刷してあるところ。
たとえば、「タンザニア北部の小農家」のコードからは、動画が見られる。

コーヒーの種を植えたら、1年で成長して実をつけるんだって。その成長過程も写真で紹介してあります。
コーヒーの花って、何色だと思う?ー第2問
自分で育てたコーヒーを飲もうって書いてあった。ううう、広い庭が欲しい~

どんな国で、どんな人たちが、どんな思いを持って、コーヒーノキを育ててコーヒー豆に仕上げているのか、コーヒーを飲みながら考えてみるのもいいな。

うちのコーヒー豆は、グアテマラの有機栽培のだよ。
安くないけど、安全だし、自分でひくと香り高くって、幸せになる。

ちなみに、このシリーズ、『バナナ』と『パイナップル』が出てます。
同じ農文協の「イチからつくるシリーズ」ってのもある。『カレーライス』『チョコレート』『ワタの糸と布』『鉄』『あめ』『ポテトチップス』『のり(接着剤)』『プラスチック』『えんぴつ』
おもしろそうでしょ。順番に借りよう(●’◡’●)

クイズの答え
1:エチオピア
2:白

***************

一昨日のおはなしひろばは、「こい女房」
先週に続いて異類の妻の話。
「かえる女房」「こい女房」「つる女房」は日本の昔話。
「あざらし」はアイスランド。
はい、クイズです。ストーリーの共通点は何かな?

 

 

影を呑んだ少女🏰

朝台所の窓を開けたら、きんもくせいの香り
待ちに待った香り
体育祭 マスゲーム 初恋の香り

***************

読書の秋、本を一冊ご紹介します。
『影を吞んだ少女』フランシス・ハーディング作/児玉敦子訳/東京創元社

YA(ヤングアダルト)本です。
最近どちらかというと、こういう児童文学のほうが好みになってきました。
大人の文学と決定的に違うのは、結末。
結末に希望があると信じて読み進められるのでなければ、耐えられなくなってきたのよ。

といいつつ、これの前に読んだのは、児童文学じゃなくて、アフリカ難民と旧東ドイツの問題を扱ったドイツの小説。これもよかった。おすすめです。
『行く、行った、行ってしまった』ジェニー・エルペンディック作/浅井晶子訳/白水社
トーマス・マン賞を受賞しています。

で、『影を吞んだ少女』
中世イギリスを舞台にしたファンタジーです。
王宮に力を持つフェルモット家の人々は、代々、死霊を憑依させることができる体質です。フェルモットの当主は、代々のご先祖様の霊を呑みこんで体の中に持っています。ひえ~~
こわいでしょ。
こわいのよ。
何か事が起こると、当主の体の中で、ご先祖たちがああやこうやと相談をぶつのですよ。
当主が年とったり病気になったりで死ぬと、その口から、霊たちが煙のようにたなびいて出てくるの。そして、次の当主に乗り移っていく。

表現がリアルやから、めっちゃ想像してしまって、恐いの何の(⊙x⊙;)
こわいのよ。
おもしろいのよ~~~

主人公は、フェルモット家の若者と一般の娘との間に生まれた女の子、メークピース。
自分の出自も分からないまま、フェルモット家に拉致されて暮らし始めます。そこで、代々の暗い秘密を探り、兄を助けて自分も脱出しようとします。結局は火薬でお城を大爆発させるんだけど、スリルまんてん。
次々に現れる登場人物が、敵か味方か分からないんやから。
おもしろいのよ。

主人公も半分はフェルモット家の体質を受け継いでるから、霊を呑むことができる。
最初、瀕死のクマをいたわるんだけど、クマが死んで、クマの霊が乗りうつるの~~~
あと、フェルモット家のご先祖のひとりが知らない間に憑依していたり、医者の霊と兵士の霊は、自分の意思で吞み込むの。

ピューリタン革命とか背景を知っているともっと面白いかも。
テーマは、まあいろいろに読み取れると思うけど、わたしは、自分の運命に果敢に立ち向かう少女の成長に心震わせました(❤´艸`❤)

***********

昨日のおはなしひろばは新潟県の昔話で「かえる女房」
日本の異類婚の話を、いくつか紹介してみようかなと思ってるところ。

***********

きのうは市立図書館主催の絵本の読み聞かせ入門講座第1回。
緊急事態宣言が明けたその日から講座やなんて、効率的やね~笑
久しぶりに対面で講義したので、疲れました。ほら、何を着て行こうかとか考えんならんしね。でも、楽しかった。
講座は全5回で毎週あります。