ああ~おもしろかった ❣

今日は図書館のお話会。
子ども2歳から8歳まで17人。おとな7人。

プログラム
「雌牛のブーコラ」 『北欧の昔話』(岩崎美術社)より村上再話 未公開
「ギーギードア」 『おはなしはたのしい』たなかやすこ
『どろだんご』 たなかよしゆき 福音館書店
『おふろだ おふろだ』 わたなべしげお 福音館書店
『バナナです』 川端誠 文化出版局

え? 何がおもしろかったって?
最近常連になった8歳の女の子がね、ああいえばこういうお年頃(笑)
「雌牛のブーコラ」は、男の子が主人公でね。で、つぎのおはなし「ギーギードア」も男の子が主人公でしょ。
わたし「トミーという名前の男の子がいました」
8歳女「また男の子~? 女の子の話がいい!!!」
わたし「・・・❣」
わたし「トミコちゃんという名前の女の子がいました」
みんな「わーわーわー」

「ねえ、トミコちゃん、あなたも大きくなったでしょ・・・」
「あたし、ちっともこわくない・・・」
どこまでいけるかやってみたら、案外いけてね。
一回だけ、「ぼく、ちっとも‥❣」ってやっちゃったら、
8歳女「女の子やのに、ぼくやって~」
わたし(くそっ)

とちゅうでひとりの男の子が、「あれ?これ、ギーギードアや」って。
あ~、トミーがトミコになったら、もう違う話と思ってたのね。

「トミコちゃんはぐっすり眠りましたとさ」

録音忘れたのが返す返すも残念。
こんなギーギードアは、二度とない(笑)
聞き手も語り手も、大笑いしましたとさ。
おしまい

親と先生とのあわいで 💭

小学校の図書館司書のかたがね、こういってくださったの。
「ここの子どもたちは、ずっとおはなしを聞いてるから、本が好き。
聞いて育っていない子どもたちとくらべると、想像力が、ぜんぜんちがいますね」
子どもに本を手渡す仕事のかたから言っていただいて、うれしかった。

そうなのです。
子どもがなかなか本好きにならないってことよく聞きます。
それに、絵本は好きでも、物語本にすんなり移行できるとは限らない、という実態もありますよね。
たいていの親や先生は、そこで頭を悩ませるのね。
絵本が好きなのは、もちろんうれしいことです。
でも人生、絵本の時代だけで終わってしまうのは寂しいよね。
じゃあ、挿絵の多い本を次のステップにできるかといえば、必ずしもそうではない。
やっぱりゾロリで終わる子はいっぱいいる。

あのね、「ことばー(音声)ー想像」の訓練をすれば、文字さえ読めるようになったら、「ことばー(文字)-想像」はとっても簡単なの。
ことばからダイレクトに想像する力が、お話を聞くことで育つのね。
それと、物語は面白いって知ることも、本好きに導いてくれる。

幼稚園の園長先生がおっしゃってました。
「お話を聞くって、想像力が育ちますよね。
わたしたちが、なぜお話会に来ていただくかっていえば、そのためなんですよ。
想像力は、他人を思いやる力ですからね。
思いやりの力を育てたいんです」

中学校でのことです。
わたし「ストーリーテリングは耳からの読書ね。耳で聞いて、しっかり想像してくださいね」
生徒たちの目がきらりんと光って、うんとうなずいた。
彼らは、よくわかっている。
だって、三歳からずっとお話を聞いてきてるんだもの。

ときどき、空を見ながら思うのです。
わたしはいま、子どものときからずっと好きだったことをしているだけ。
先生でもない、親でもない、そのあわいで。
人として、たいせつなことかなと思うのです。
地位も名誉もお金も、無縁だけれど。
うん。これって、きっと、いい人生なんだろうな。

6月 おはなし初級講座

報告が遅くなりました。
6月もおはなし初級講座ありましたよ~。

語りは7つ。
「手なし娘」『子どもに語る日本の昔話③』(こぐま社)
「かも取り権兵衛」『日本の昔話②』(福音館書店)
「ツバメとアブ」『子どもに語るモンゴルの昔話』(こぐま社)
「足折れつばめ」『子どもに語る日本の昔話③(こぐま社)
「おんちょろちょろあなのぞき」『語りの森昔話集①おんちょろちょろ』(語りの森)
「ホットケーキ」『おはなしのろうそく18』(東京子ども図書館)
「かきねの戸」『語りの森昔話集①おんちょろちょろ』(語りの森)

『手なし娘』
こちらは日本の手なし娘です。
作中、「もがれた」(本当は切られた)や「問わず語り」など文学的な表現も多く、少し大きい子でなければ意味が通じないかもしれないという話題が出ました。
娘の手が生えるきっかけをくれた守り本尊はお坊さんの姿で登場するのですが、援助者は人間の姿で現れるものなのだそうです。

『かも取り権兵衛』
これは奇想天外な場面が次々と展開される笑い話ですね。空へ、屋根の上へ、地下世界へ、雲の上へと場面転換も多く、間でできているような話です。
その『間』ですが、二種類あって、場面転換でつくる間と、子どもたちとのやりとりでできる間とがあるそうです。前者は家で練習できますが、後者は子どもの前で語って初めてできる間なのだそうですよ。3年生くらいがいちばん面白がる年齢かもしれません。

『ツバメとアブ』
低学年ではメインに、高学年でもおまけにつかえる由来話のひとつです。
ツバメとアブの関係は少しアリとキリギリスのようでもありますが、考えすぎずにすんなり語った方がいいようです。

『足折れツバメ』
いわゆる隣のじい型のお話です。最初の優しいおじいさんは軽く丁寧に。強欲じいさんは、「優しいおじいさんはこうだったけど、こっちはこう」と違いを一語一語イメージできるように押さえて語るのを意識したほうがいいようです。

『おんちょろちょろあなのぞき』
これも笑い話です。子どもと遊んで間を作っていくお話なので、お経もどき部分をお経っぽく演じてもいいようです。

『ホットケーキ』
低年齢~低学年向きのお話なのにわりと長めのお話ですよね。このお話の主人公は誰ですか?
そう、ホットケーキです。ホットケーキが元気にコロコロ転がっていくように、繰り返しを歌うように楽しんで語ればいいようです。

『かきねの戸』
子どもはうんちとかおしっこが好きですね。でもこのお話の中の一番大切なところはなんでしょうか。それは、かきねの戸を外して家を出、落として幸せを掴むこと。
お母さんの思惑とは正反対、かきねの戸をはずして持っていくナンセンスがおかしく思えるのは何年生からでしょうか。

もっちは図書館でかきねの戸をやって、笑ってもらえなかったことがあって、逃げたくなりました。笑い話って本当に難しい…。

初級講座は8月はお休みです。7月、皆様の出席をお待ちしておりますよ~。

6月 日常語の語り勉強会

またまた遅くなりました。

6月6日の日常語の語り勉強会の報告をします。

<語り>

かにかに、こそこそ」『日本の昔話②』 福音館書店 小澤俊夫/再話

心地いい日常語の、ふんわりとした雰囲気で、自然におはなしがすぅ~と入ってきます。

このおはなしでは、おじいさんがかわいがっていたかにを、おばあさんが食べてしまいます。

子どもはカニやカメやザリガニなどを飼ったり育てたりしています。

けっして聞き手がかにになって聞かないように、また、かにに同情しないように、注意して語らなければいけません。

今回は何だかかにがとってもおいしそうに思えましたので、おはなしもとても面白く感じて良かったです。

 

十五夜の月」『子どもと家庭のための奈良の民話三』  村上郁/再話

この語り手さんの日常語もすご~く耳に心地よく、お声も美しく、おはなしがす~~っと心に届いてきます。

奈良の古い古い資料も調べてきちんと再話されているおはなしですので、十五夜の月や、和尚さんと小僧さんのユーモラスなかけあいが目に見えます。

美しく完成です。

 

うりひめの話」 語りの森HP 日本の昔話より

リンクこちら→https://katarinomori13.com/jfolktales.html

今回も助詞の話題が出ました。

日常語に直したとき、文章を切ったり、つなげたりすることがあります。

一つの文を二つに分けた時、助詞を元のまま使うと違和感がでることがあります。

省くのか残すのか、変えるのか・・・ひとつひとつの助詞の意味合いにも注意しましょう。

こちらのおはなしもいよいよ完成です~

 

<テキスト>

半分のにわとり」『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』 村上郁/再話

本のお知らせはこちら→https://katarinomori13.com/itiba.html

共通語「鳥のむれ」の「むれ」は、日常ではあまり使いません…

(日常で使う方は「むれ」でいいのですが…(^_^;))

もう少しくだけた普段使いの感じにするとどうなりますか?

私が子どもと話すなら「めっちゃようさん鳥がおってな」かなぁ…

日常語は一人一人語り手さんごとに違います。当たり前ですね。

昔話はそうやってひとりひとりの口伝えで、ずっと昔から人から人の心へ伝わってのこされてきたんやもん。

どの助詞を選ぶのか、どの言葉を選ぶのか、どのおはなしを選ぶのか、何を伝えたいのか、どこを伝えたいのか、、、

自分の心に、そして、伝えたい子どもに、真摯に向き合う作業です。

おっと、どんどん話がそれて長くなる~~~

半分のにわとりって、子どもたちはどんなにわとりを想像するんでしょうね~

(^0^)/覗いてみたいなぁ~

完成が楽しみなおはなしです。

 

今回は4つのおはなしをじっくり取り上げていただきました。

 

梅雨だというのに雨が少ないですね。雨は好きじゃないんですけど、あまりに降らなさ過ぎても心配になります・・・

つぎは7月。よろしくお願いします~(*^_^*)

 

 

 

 

四十肩かと、思うたのになあ (>_<)

きのうのことだ。
幼稚園でろうそくパッをしようとしたら、右腕が上がらない。
それでも笑顔を絶やさず始めた。終わった。
ろうそくウッ  もひとつウッ

何年もまえに四十肩をわずらった経験がある。
わ~い、還暦過ぎても四十肩あ~♪
近所の整形外科に行った。

わたし「四十肩と思うんですけど(ルン)」
先生「レントゲンではそのような老化は見られへんけどなあ」
わたし(ルン?)

結局細かい筋肉の炎症だって。
いろんな故障があるんやね。

先生「様子見ますか? 注射しましょか?」
わたし「あ、どっちでも、治してもらったらそんでいいです」
先生「ははは。自分で治りますか?」
わたし「あ、治りますか?」
先生「様子見ないと分かりません」

なんかようわからん会話の末、しっぷで治るか様子見になった。
わたし、この先生、好きやねん(笑)

が、ここまで打つのがせいいっぱい。
パソコン打つのをしばらく休んだほうがええのかも。

6月のがらがらどん

この前の日曜日は、がらがらどんの日でした。
そして、がらがらどん始まって以来のことが起こりました。
なんと、この日の参加者が、メンバー4人だけだったのです。
カイビャクからのメンバーさんたちは、「こんなんはじめてや」とおっしゃってました。
(12時すぎに一人駆け込んできてくれたので、正確には5人なんですけど…)
しばらくはなしをして、「お茶でものもか」という流れになり、(今日はお茶飲んで終わりかな)と思っていたら、「じゃ、やろか」みたいな急展開でいつものように始まりました。

「め牛のブーコラ」 『民俗民芸双書北欧の民話』山室静訳 ヤンさん再話
「六匹のうさぎ」 『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』
「川の母」 『魔法のオレンジの木ハイチの昔話』ダイアン・ウォルクスタイン
「ヤギとライオン」 『こども世界の民話』(上) 内田莉莎子/他
「ミスターフォックス」 『Englisy Fairy Tales』 Joseph Jacobs ヤンさん再話

そして、このあとの感想を言い合う時間が、人数が少ないだけに(普段はここまで話をしないことまでオッケイ!)みたいな、濃密な話の内容になりました。
「ミスターフォックス」は、出典の英文から、ヤンさんが再話したということでしたから、話は知っていても、テキストとしては初めて聞くテキストです。
怖い話は、やっぱり怖かった。
始めはそうでもないんですけどね、階段の下の樽の後ろに隠れるところからはもう、息をつめて聞いてしまう。
そして手首が自分の膝の上に落ちてきて、「ぎゃァァァ~」
本当は自分じゃなくてむすめの膝の上なんだけど、自分が「ぎゃァァァ~」
そして、最後の食卓の場面で、むすめが時々挟む「夢の中では」のセリフで、緊張感クレッシェンドしまくりで、(ああ、最後までもつやろか、自分…)と思っていると最後の最後に、目の前に手首がババーンと提示されてしまい、私の場合は手首の見えないはずの断面に血がにじんで滴りそうになってました。
どう、聞きたくなったでしょ?
行きたかったな、と思いましたね?!
ああ、残念でした(笑)
ああ、面白かったわあ~~(ヤナ奴)

出典について一言(^_-)-☆
『民俗民芸双書』シリーズの岩崎美術社は現在ありませんので絶版です。
図書館にあるかもしれません。
「ヤギとライオン」のテキストは、実業之日本社の『子どもに聞かせる世界の民話』と同じです。

次回のがらがらどんは、7月16日(日)です。
そして8月は夏休みです。一回お休み。
それにしても最近は真夏なみの暑さですね。
みなさま、どうか体調管理をしっかりなさいますように。

では(^^)/

 

『昔話の語法』講読会 始まりました

『昔話の語法』講読会が始まりました!(^^)!

『昔話の語法』(小澤俊夫著 福音館書店)は、たいへんざっくりというと『ヨーロッパの昔話その形式と本質』 マックス・リュティ著・小澤俊夫訳 岩崎美術社)のリュティ先生のメルヒェンに関する様式理論を詳しく解説した本です。
ああ、なんと難しい書名と単語の羅列!
ここでもうくじけそうになってはいけません。
(誰もくじけてないって…)
わたくしは、「昔話には語法がある」ことをお勉強してきてはや幾年月…。
何度同じことを教えてもらっても、「これはジャメヴ(未視感)か?」と思うくらいのできの悪さ(´;ω;`)ウッ…
そこに、待望のこの講座でございました。
すでに、語りの森ホームページ「昔話の語法」で何かをつかみかけていた(気分が満々の)わたくしは、この日を心待ちにしていたのでありました。
少人数の講座ということで、小さいけれど決して狭くはない定員ちょうどくらいの部屋が、いざ全員が座ってみると意気込みなのか、各自の存在感がすごいのか、部屋の満杯感がすごくて驚きました。

ヤンさんの講義が始まると、線を引く重要な箇所・説明を書きこむ箇所が、わたくしの場合、ほとんどがすでに引きまくって書きまくってあるわけです。
しかし、今回はジャメヴではな~い!
それに、手を動かす必要がないので集中でき、頭に講義がスゥ~っと入ってきました!
入って、またスゥ~っと抜けていった今までとは違う感覚がありました!!

今回は第四章の一「一次元性」と二「平面性」まで。
次回は三「抽象的様式」です。
宿題はそこを読んでくること(^◇^)
抽象的様式!
どこからでもかかってきなさい!
カモ~ン!(^^)!

ごめんなさ~い 🙇

ホームの「お問合せ・リンク」のぺージ、7月7日の昔話の語法勉強会のおしらせに誤りがありました。
締め切り日⇒6月30日です!
諦めていた方、まだまだ大丈夫なので、どうぞお申込みください。

今年度初の再話勉強会

今年度初の再話勉強会がありました。
午前中は、お話会のようでした。

語り
「ふぐと鯛 『復刻版昔話研究』第三巻 岩崎美術社
「お月さんとお日さんとかみなりさん」 『丹後の民話第一集』峰山孔版社
「おおかみと子どもたち 『新装日本の民話7近畿』ぎょうせい
「六地蔵」 『新装日本の民話5甲信越』ぎょうせい
「きつねとたぬきの化かしっこ」 新装日本の民話6東海・北陸』ぎょうせい
「水晶の山」  アファナーシェフロシア民話集』上 岩波書店

そして、テキストがひとつ。
「信濃国の聖の事」 『新編日本古典文学全集50』小学館

「水晶の山」の語りをしました。
おぼえるときにたくさん修正したのですが、今日の勉強会ではそれ以外をたくさん修正することになりました。
まさに大手術!
自分は話の筋を理解していると思っておぼえていましたが、聞いてもらって、おかしい個所を指摘・説明してもらうと、やっと「え!そうだったの?ん~、やっぱりそうだわ」と、やっと気づきました。
あるいは、わたしのイメージしているところはみんなと共通しているんだけれども、それを表すテキストの言葉がおかしいとか…
思わず「なんで前回言ってくれなかったんですかぁ。おぼえちゃったしぃ」と、おぼえなおすことにすでに挫折しているかのような発言をしてしまいました(+o+)
しかし、おぼえて語る私が気づかないことを、語りを聞いてもらってやっとおかしい箇所を指摘してもらうという段階に駒を進めることができるのだと改めてわかりました。
それと、原話の訳がイメージしにくい訳である可能性についてもあんまり考えていませんでした。
「分かりにくいなあ」と思っても、イメージにぴったりマッチするどの言葉を使うのがいいかわかりません。
いい言葉が、まだ私は出てきません(´・ω・`)
魔法の力で、ピュンっと出てこないかなと、遠くを見つめるのでありました。
でも、今日の勉強会でテキストができたのは大変うれしいことです。
「水晶の山」はAT302(心臓が体の中にない巨人)の類話を読んでいた時に出会った話で、グリムの「水晶の玉」と同じ話型です。
私は、水晶とかガラスとか透明なアイテムが、好きなんです。
(もちろん、金も銀もダイヤもエメラルドもサファイアもみんな好きなんですが。)
似たような話ばっかりになってしまったけれど、両方やりたかったのでこれで満足。
次に進めます(^◇^)

次回は10月、秋です<(_ _)>

 

幸せは 

じつは、ここんとこ、かなり落ち込んでてね。
朝の鬱がひどい。
子どもに語るときだけが幸せって状態。

この無力感、なんとかしたいなあって思ってたら、朝刊の瀬戸内寂聴さんのエッセイにこんなことが書いてあった。
病床でうつ状態に陥りそうになったから、楽しいことをしなくてはと、いろいろ考えて俳句集を作ることにしたって。
そしてね、「幸せは、自分でさがして、発見して、自分で生み出すものだ」って。

そうなんだ。きょうは小学校1年生に語ってきた。
一昨日は、中学2年生に語ってきた。
一昨昨日は、支援学級で絵本を読んだ。
明後日は図書館で語る。
ぜえんぶ、自分でさがして、発見して、生み出した幸せだ。
いろんな人に支えてもらって。

95歳の寂聴さんの言葉に励まされた。

わたしの幸せ、自分で生み出そう。
昔話集の第2巻も、お話会も、がんばろう。
ずうっと、子どもを見つめていよう。
いっしょに歩く仲間がいれば、最高だ。
わたし、わがままになる。
もう、やりたいことしか、やらへんで 👹