第3回、昔話の語法講読会レポート📖

 これまで一次元性、平面性、抽象的様式と昔話の語法を講読してまいりまして、先日、3回目の昔話の語法講読会がありました。
 今回は『孤立性と普遍的結合の可能性』です。

 これまでのことをざっくりまとめるならば……話のすじに不必要、もしくは横道に反れそうな情報、設定はそぎ落とし、主人公にとってのハッピーエンドに向かってストーリーは一直線に進むというのが昔話、という感じでした。ざっくり過ぎたでしょうか。
 昔話は口で語られ、耳で聞く文芸ですから、言葉が発せられた瞬間しか存在しない。だから、抽象的に、極端に、同じ場面を同じ言葉で繰り返しことで聴き手がイメージしやすいように工夫がされているのかな、と思います。でも、だからといって、すべての昔話が語法にきっちりと則っているかというと、そうではないのだそうです。むしろ、語法にすべてがきちんと則っている昔話はひと握りだとか。
 なるほど、だから、どの先生も「この語法は白雪姫のこの部分」「この語法はこのお話のあの部分」とたくさんある昔話の中から探して例を挙げてくださっているわけですね。完璧なテキストばかりならば、あちこちから厳選して挙げる必要がありませんものね。

 と、話は変わりまして、今回の孤立性と普遍的結合の可能性ですが。つまり、登場するすべてのものが孤立した存在であるがゆえに、なんにでもくっつけられるという性質をもっているといった話です。すんごい金持ちか貧乏人か、美しいものか醜いものか、昔話は登場人物も物も極端なものが出てきます。そのものを見たことがなくても、想像しやすいですよね。それほど金持ちではないけれども貧乏でもない主人公とか、特別美人でもないけど醜くもない中年の魔女とか、そこそこ悪いこともしてるけど根は善人とか、黒と白の中間色とかってわかりにくいです。そんな昔話はっきりいって面白くない…。
 で、極端な存在って、端っこですから、白か黒なわけですから孤立した存在なわけです。
 この孤立性の説明を聴いているときに、私は昔の生薬を入れる引き出しのたくさんある薬箪笥をイメージしました。社会的背景も肉体的にも厚みのない、ストーリーに必要なときだけお呼びがかかる登場人物やアイテムが整理されてはいってます。それを使って女の子が人形遊びをするようなイメージ。今の子ども事情は分かりませんが、かなりご都合主義的に即興でストーリーを組み立てながら遊んだ記憶がよみがえりました。山は山で、お城はお城でしかなくて、老婆は老婆の役割しかありませんでした。
 そして、物や人だけでなく、エピソードも孤立しています。というか、カプセルに閉じ込められているようで、他のエピソードに影響を与えない。
つまり経験が生かされない。だから白雪姫は何度も殺されるし、かしこいモリーの大男やジャックと豆の木の大男は宝物を奪われちゃうんです。なんでって、その繰り返しが聴き手には楽しいからでしょうね。
 それぞれのエピソードは殻に入れられていて、他のエピソードに影響は与えないけれども、ど真ん中には聴き手を楽しませたい、主人公をハッピーエンドに導きたい、こんなお話にしたいといった『話のすじ』と伝承の語り手の『昔話の形式意志』がズドンと突き刺さっているんです。まるで串団子のようにくっつけているイメージです。団子(エピソード)自体は孤立しているけども、全体(ストーリー)からみればくっついている。外的孤立性と、内的には孤立していない、というワードを私はこのようにイメージしてみました。そこに前述した色々なものがトッピングされてひとつのお話を形成している。
 だから、こうこうこういうことがあって、同じことを三回繰り返したように聞こえるけども、主人公の旅は少しずつハッピーエンドに近付いていっている。だからこそ、子どもたちは「あほやな~」と笑いながら、ハラハラしながら、「ほんで、次どうなるの?」となるのでしょうね。

 さて、みなさんはどのようにイメージして理解されたでしょうか。
 同じようにイメージする必要はありません。間違っているかもしれないし、余計難解になっているだけかもしれません。
 自分だけの言葉で理解したほうが、飲み込みやすいのではないかなと思うので、自分の言葉でまとめてみてくださいね。
 それにしてもテキストの著者、小澤俊夫先生は音楽的アンサンブルに例えていたのに、私は団子・・・どんだけ食いしん坊なのか(;´Д`)

 次回は昔話の「贈物」です。
 
 
 

🚴 自転車を忘れる 

季節の変わり目で膝の調子がよくない。
重いものを持つと痛い。

夫「牛乳買うてきてや」
私「う。」

重いやないか。自転車で行こ。
きょうはすでに9000歩以上歩いてるし。楽しよう。

近所のスーパーへ自転車でいった。
自転車だと思うと気が大きくなって、いっぱい買った。
かぼちゃ。魚、明日のミンチ、ふたつ100円のニラ、ふたつ100円の小松菜。徳用のジャガイモ。・・・えっと。わすれた。

エコバッグにどっさり入れて、そろりそろりとスーパーを出る。
もう辺りは暗くなっている。
きょうも一日ぶじに終わるなあ。
きょうは入門講座やったなあ。
「三匹のこぶた」のこと、つぎに言おうかなあ。それか、こんどの昔話絵本の講演でやったらええか。
ふと気づいて万歩計を見た。
お、一万歩越えたやん。やった!
???? あああああ。自転車忘れてる!
えっちらえっちら重い荷物をぶら下げて、スーパーに戻る。
膝が痛い。

そういえば数日前の夕方のことだ。
学校に向かっていると、4年生の男子に会った。
わたし「どこいくの?」
男子「学校。忘れもん取りにいくねん」
わたし「何わすれたん?」
男子「計算ドリル」
わたし「そらたいへんやなあ」
男子「おばちゃんはどこ行くん?」
わたし「学校。忘れもん取りにいくの」
男子「へえ~。何わすれたん?」
わたし「自転車。自転車で行って、歩いて帰ってしもてん」
男子「\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/」
若い子はええなあ。こんなことで笑えて。

再話勉強会

ジミー続投です(笑)
今週、今年度2回目の再話勉強会がありましたので報告します(^.^)

今回は、全員で原話を一から再話していく方法で勉強会が始まりました。
原話はあらかじめ決めてあり、各自にいきわたっておりました。
でも、原話を読むだけです。
原話を選んできた担当者も、再話はしてこずにみんなで一緒にやりました。
原話は次の二つ。
「九羽の雌鶏と一羽の雄鶏」『オルトゥタイ ハンガリー民話集』徳永康元・他編訳 岩波文庫
「もぐらととんび」『新装日本の民話7』岡節三・他編 ぎょうせい

わたしはですね、原話は読んでたんです。
でもそれだけでは足りないと思って、自主練で文法指摘をしておこうとも思ってたんですが時間がなかったんです!
(時間がない。「おとっつぁん、それは言わない約束でしょ」ほんとに誰も知りませんか? 孤独やわ~)
で、再話がなかなかできず、言葉が出てこないんですよ。
ヤンさんがあの手この手で助け船、誘い水、なだめたりすかしたり(笑)
いろいろ言葉を尽くして説明して、文章や言葉を思いつかせようとしてくれるんだけども、「出ない」の連続。
ほんとに、講師って大変ですね。(←そっちではない!)
でも、出来上がった時はとてもうれしい(^.^)
が、しかし、これは全く完成ではないのであります!
次回までに覚えて微修正・調整して、(あるいは、微ではないことになるかもしれない可能性もあり)みんなの前で聞いてもらいます。
口に乗るか、耳で分かるか、そこを通過できて初めて(テキストとして一応の)完成なのでございます。
言葉がでてこないもどかしさをさんざん味わったのに、しかしそのあと再話とは面白く楽しいと思うのは、自分の性格なのか中毒性があるのか…。
それはどうでもいいんですが、どうでもよくないのは宿題です。
みんな、がんばりましょう\(^o^)/

絵本の読み聞かせ講座📖

先日、最後の絵本の読み聞かせ講座がありました。
まず、家庭での読み聞かせで心がけること。
①大人が本を楽しむ。本のある生活を大人が楽しんでいる環境がある(作る)こと。
②子どもの興味、選ぶ本の感性を大切にする。
我が身を振り返ると、①はそのようにしてたけど、②はできてませんでした。
「え!またその本借りるの?」(また同じ絵本を読まされるんか…。たいくつ~)と思って子どもに寄り添ってなかったなあ。
もう過ぎ去ったことなんで、後悔しても仕方ないんですけど、「ああ、あの時知っていれば」とは、思います。

そして、5回講座の初回で参加者から募った質問に講師のヤンさんがお返事するコーナー。
今回は、家庭での読み聞かせグループさんの実習の日ですから、それに沿った質問内容でした。
★何歳ごろまで絵本を読んだらいいか。
★子どもが寝てくれる睡眠導入本はありますか。
★絵本から物語本への移行のタイミングはいつでしょうか。
★素話(ストーリーテリング・語り)と絵本をどう使い分けたらいいでしょうか。
★残酷な話をどう考えたらいいでしょうか。
質問をされている参加者さんはたぶん小さいお子さんをお持ちなんでしょう。
質問もお答えもまさに子育てのど真ん中。
子育ての神髄、極意、あるいは奥義について奥深く教室全体で考えているような気持ちになりました。
一つ一つかけないのが残念です。
気になる方は、ぜひ来年度の講座を受講してください。
(なお、来年あるかどうかは図書館の講座なのでわたしの感知するところではなく、また、地元市民しか参加できないので結構無責任なことを書いているわけですが、どうぞご了承ください<(_ _)>)

そして、実習タイム。
希望者さんが前に出て、みんなに絵本を読んでくれました。

ああ、絵本の講座が終わっちゃったなあという喪失感があります。
絵本も楽しいなあ~
特に、読んでもらうのがうれしかったなあ~
来年もあることを願います!

10月おはなし初級講座

お住いの地域は運動会おすみですか?
この頃の小学校は春に運動会をするところも増えているようですが、もっちの地元は秋開催です。
運動会が終わったら、いよいよおはなし会本番ですね。え、もう始まってる?

さてさて、10月のおはなし初級講座がありました。

語りは、
「なら梨取り」『日本の昔話4』(福音館書店)
「メケー・ドマ」『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』(語りの森)
「赤ずきん」『子どもに語るグリムの昔話5』(こぐま社)
「聞き耳ずきん」『日本の昔話2』(福音館書店)
「金門の星」『日本の昔話2』(福音館書店)
「ネコの家に行った女の子」『子どもに語るイタリアの昔話』(こぐま社)

どれも10分前後のお話ばかりです。時間ばかりではなく、お話の内容が、持っていく年齢によっては十分にメインになれるしっかりとしたおはなしばかりだなと思いました。
どの方も言葉がしっかり入っていて情景が見えてきました。
偶然ずきんがふたつでした・・・。(それはどうでもいい)
金門の星は沖縄の話なんですが、すごく面白いおはなしでした。
メケー・ドマもネコの家も、どれも面白くて、もっちも頑張らないとな、とお尻に火を付けられた一日でした。
お尻の火が自然鎮火しないうちにテキストにとりかからなくちゃ・・・!

「赤ずきん」の類話・・・になるのかしら。
「オオカミおじさん」というお話があるそうな。いつか聴ける機会があったらいいなと思っています。
岩波から出ているペロー童話集との比較も面白いそうなので、今度図書館で借りてみようと思ってます。みなさんもぜひ。

ヤンさん、濃いピンクの運勢のお話も楽しみにしてます。よろしくお願いしますm(__)m
濃いピンクの運勢は、女の子の幸せがいっぱい詰まっていそうです。うふふ。

10月日常語の語り講座

秋の空は気まぐれ、きょうの関西は暑い暑い。
先週はすずしかったのにね。その先週の勉強会の報告です~

語り
「へびのむこさん」 『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』村上再話
「半分のにわとり」 『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』村上再話

どちらも好きな話なんだけど、「へびのむこさん」はこの類話のなかでも特に気にいってるの。へびの嫁になるとか、そのへびを殺すとか、蛙の変身したおばあさんにおばあさんの皮を着せてもらって助けられるとか、鬼に岩とまちがえられて川向うへ放り投げられるとか。日常語で軽快に語ってくださいました。
「半分のにわとり」はフランスの昔話。外国の話を日常語でチャレンジです。日本の昔話のように柔らかくまあるく語れたらいいですね。

テキストの検討
「くまのしっぽはなぜながい」 『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』村上再話
「天福地福」 『日本の昔話』 小澤俊夫再話/福音館書店
「金剛山のとら」 語りの森ホームページ 「外国の昔話」村上再話
「ねずみの婿取り」 『日本の昔話』小澤俊夫再話/福音館書店

関西、関東、広島、石川のお国言葉が楽しかったです。
その人の日常の言葉だから、いくつかの土地の言葉が混じってるのね。
いまどき生粋の何々弁なんてなかなか聞けないもの。
そんな言葉を追求してもあまり意味がないと思う。言語学ならいざ知らず、わたしらはおはなしのおばちゃんですからね。
自分がいちばん話しやすいことば、いちばん心をこめられる言葉で話すのがいいんやと思います。

以上、お粗末。
かぶさん、補足お願いしま~す💖

絵本の読み聞かせ講座📖

昨日は、ヤン講師の「絵本の読み聞かせ講座」でした。
この回と次回最終回は実習です。
昨日はボランティアさんグループ、次回は家庭で読み聞かせのグループの実習です。
各自絵本を一冊選んできたわけですが、時間の都合でみんなが読む時間はありません。
挙手で決まった6~7人がみなさんの前で読みました。
このブログで、前に出て読んだ人のことは個人情報になるので書けないので、自分のことだけ書きます。
そうです、わたしは手を挙げて前に出て読むメンバーに入ったのです。
去年は聞くがわだったんですが、今年はね、えい!と手を挙げました。
というのはやしまたろうの『あまがさ』が、気になっていたからです。
わたしは、「この絵本はいい! でも、絵が怖くないか?」と思っていたんです。
そして、大きなフォントで「春」とか「夏」とか書いてあるのと、雨の音が結構大量に書いてあるんでどう読んでいいのか分からなかったんです。
だから、ヤンさんに聞いてみたかったのです。
この講座の実習がちょうどいい機会でした。
そして、アドバイスしてもらって、その方針で練習して、機会があれば子どもたちに読んでみたいと思いました。
絵が怖いというのは、暗いトーンで書いてあるからで、決して恐ろしいという意味ではないんです。
絵は、すごくいいと思います。
芸術的です。
『あまがさ』やっぱり好きな絵本です。
いままでよりも、もっと好きになりました(^.^)

濃いピンクの運勢 💗

濃いピンクの運勢。
どんな運勢だと思いますか?

あ、その前に、あなたは何歳ですか?男性?女性?
15歳の少女にとって、濃いピンクの運勢って、どんな運勢だと思いますか?

その子は、ほほを染めて伏し目がちにほほ笑んで、ため息をつきました。

スーザン・ブラウンは字が読めないから、私たちはだれもおみくじの中身を知りません。でも、それが濃いピンクの運勢だったというだけで、その子にとっては十分だったのです。
まちがいなく、スーザンは幸せになりました。だって、濃いピンクの運勢なんだから。

今朝、中学3年生に「ボタンインコ」を語りました。上記は、語り終わったときの、ある女の子の表情です。でも、その子だけじゃなくって、教室全体に嬉しそうな満足そうなあったかい空気が流れました。

これまで大人の感想で、おみくじにいったいなんて書いてあったんだろうとか、それを想像するのが楽しいとか、逆に、本当にそれでスーザンは幸せだったんだろうかとか、結末がよくわからないとか、聞いたことがありました。
でもね、わたしは、なんであれ「濃いピンク」に象徴される幸せをスーザンはバッチリ手に入れたんだって思うのね。それを子どもたちにわかってほしかった。

わかってくれましたよ~
だって、濃いピンクなんだもん。

「ボタンインコ」を語る前に詩をひとつ読みました。
谷川俊太郎の「すてきなひとりぼっち」(童話屋刊の同名の詩集より)
これがまた中学生にぴったりのかっこいい詩なの。読んでみてね。

きょうの更新は・・☔

きょうは関西は雨です。
豪雨ではなくてしとしと秋雨。

ホームページ更新しました。
トップページをちょっとだけ。
それから、「昔話の語法」。

「昔話の語法」は最終回です。
長かったねえ、みなさん、ごめんね~
え? あれは読んでないって~~~? 👹
せめて最終回だけでも読んでおくれ(笑)

ほんとは、このあと、昔話を一話、一話、語法に照らして分析していこうと思ってたの。
でも、それは、学習会でやることにしました。ライブのほうがわかりやすいし、誤解がないし、みなさんの疑問に答えられると思うのです。で、これからも年に2、3回、「昔話の語法学習会」をやりますから、ぜひご参加くださいね。
もうひとつ、語法の「索引」もおまけにつけるつもりだったのです。あいうえお順でね。
「形態の変化は一瞬にして起きる」の項をプチっとしたら、その説明のページに飛ぶとかね。いいアイデアでしょ?
けど、それは親切すぎると思ったの。自分の頭で覚えて自分の頭で考えないとあかんなって。
それで、心を鬼にして~(笑)

ヤンはこれからも、人生哲学としての昔話の語法を学んでいこうと思ってる。
リュティさんを何度も何度も読み返してね。
10代の頃、芭蕉さんから「人生は旅だ」って教えてもらって、それから半世紀も旅してきて、リュティさんに「主人公は本質的なものと出会うためには旅に出なければならない」って教えてもらって納得。
それを次に伝えることのできる「おはなしのおばちゃん」であることが嬉しい。
おはなしを語ることは、ちっちゃなちっちゃなことだけど、ちっちゃいなりの意味がある。
そのちっちゃいことは、生きがいになるよ。

かわっていくもの、かわらないもの

もう10月ですね。お天気でしたね!今日はがらがらどんでした!
気の合う仲間はお話まで気が合うのか……
と、いうことで、手遊びのどんくりころちゃんじゃんけんからはじまり、
 「この世の光」 『語りの森昔話集1 おんちょろちょろ』 村上郁 再話
 「まぬけなトッケビ」 『おはなしのろうそく30』 東京子ども図書館 
 「この世の光」 『語りの森昔話集1 おんちょろちょろ』 村上郁 再話
 「三枚のお札」    『おはなしのろうそく5』 東京子ども図書館
 「まぬけなトッケビ」 『おはなしのろうそく30』 東京子ども図書館
 「アナンシと五」   『子どもに聞かせる世界の民話』 実業之日本社
 「ボタンインコ」『天国を出ていく』エリナー・ファージョン作 岩波少年文庫
絵本の紹介『地球をほる』『こけしがこけて』『ごちそうの木』『ぱかっ』ほか、
でした! 同じ話が2つも!すごいなあ~

スペインの昔話「この世の光」に出てくる‘文字が縦に書いてある本’は
アイルランドなどにも出てくるんですって!
真っ暗のなかに光が一つ(あるじが使っていただろう杖の明かり)、
暗闇のなかを声をたよりに歩く兄弟……
子どもにイメージさせてあげられるように語りたいんだけど、うまくいきません。
でも、何回も語るうちに、おはなしのリズムや言葉もかわっていった、と
「三枚のお札」「アナンシと五」でおっしゃっていたので、
聞き手と呼吸を合わせることで、自分にとってのこのお話の姿も
見えてくるのだろうと思っています。

さて、そして、「ボタンインコ」ですが、私は、やっと、わかりました。
ファージョンを大好きな人は考えなくても理解できるのかもしれませんが、
頭ではファージョンのいわんとしていることはわかるのですが、
子どもの頃はどうしても拒否反応があったというか。
それが、きょうストンときました。
「(スーザンの)‘こいピンクの人生‘といもの(=しあわせな人生)を、
 相手(聞き手)に思ってほしい、というように語る」……
心底このしあわせが尊いものと思えるようになって良かった……
私もこの話覚えて本当に良かった!

ちょっと長くなるのですが、私、「杉山亮のものがたりライブ9」に
行ってきました! 9月25日のゲストが松岡享子さんの日です。
おっもしろかったので、皆様にご紹介いたします。
<午前の部>
手遊び もしもしかめよ
手遊び あり、かに、すずめ、どらえもん、人間の拍手
おはなし 「ねず天パーティー」
松岡享子さんのおはなし 「なまくらトック」
            「おばけ学校の三人の生徒」
松岡享子さんへの質問タイム
言葉あそび なまむぎ~、となりの客は~、ぼうずが屏風に~、
      赤巻紙、青巻紙、黄巻紙、茶巻紙
      東京特許許可局局長  今日急遽休暇許可却下
      右目右耳右眉毛右耳にミニにきび  アンドロメダ座だせ
おはなし 「安達が原の鬼婆」    

<午後の部>
はじめの手遊びは午前と一緒
県名クイズ すべってころんで (答えを会場の人がいう)おおいたけん
      こずかいもらって             とくしまけん
      花がきれいに               さいたまけん      
      山があっても               やまなしけん
      テストで100点                とっとりけん
      涼しい風が                ふくおかけん
      ヤギが三びき               みやぎけん
                   などなどすべての県がありました。
おはなし  「びんぼうくじをひくな」
松岡享子さんおはなし  「ひなどりとネコ」(仲間が語ったもの)
            「ホットケーキ」
           詩「翻訳」
手遊び   カエルのあまごい(藤田浩子さんより)
おはなし  「三方目出鯛」

杉山亮さんは「おはなし」ももちろんすごいのですが、つなぎというのか、
それも含めて「おはなし」のようになっていて、すごかったです。
おもしろかった!「しながわさん」にあってみたくなっちゃう。

松岡享子さん、学校以外でおはなしするのは1年ぶりだそうです。
……ご病気されたとのことで、声が以前よりハードボイスなかんじで、
―自分でも自分の出した声にびっくりしてしまう、とおっしゃっていましたが、
おはなしは、ほんとに心がこもっている語りでした。
子どもに喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、
という気持ちがとっても伝わってきます。
会場のみんなが松岡享子さんの背中をおっていて、そしてそれでよかったんだと
感じているような気がしました。ほんとに愛すべき人なんだと思いました。
本を買ったとき、「楽しかったです。ありがとうございました」と挨拶すると、
まるで私を覚えていたのかなと思わせてくれる笑顔。
ほんとうにいつも素敵な笑顔なのです。
ライブでないと受け取ることのできないものをたくさんもらいました。
こんな機会をくださってありがとうございました!