16万光年のひとり旅🌟

10代のころからひとり旅が好きだ。
ふと自由な時間できたので、ひとり旅に出た。

行先は、大マゼラン雲。
銀河系から16万光年かなたにある、もうひとつの銀河だ。

JR東西線北新地で降りて雨の中、中之島を歩くこと15分。
なつかしの大阪市立科学館のプラネタリウムに着く。

入館するだけでほっとする。
ひとりはいい。
15時からのと16時からのと、2回分の投影チケットを買う。

どちらも初めの30分は春の星座と今日の星空解説だ。
だが、学芸員によって投影の仕方も説明も異なる。それがたのしい。
のこり15分はテーマのある企画。

15時からの企画は「眠れなくなる宇宙のはなし」
これは絵本にもなってるから、興味のある人はどうぞ。
おもしろいなあ・・・と見ているうちに、ぐっすり眠ってしまった(笑)

16時からの企画が、お目当ての「はるかなる大マゼラン雲」
光の速さで16万年かかるという宇宙のかなたに行ってきた。
それでも私たちの銀河系から一番近い銀河なのだ。

しかも、宇宙にある無数の銀河たちはどんどん遠ざかっているのだ。
ってことは、宇宙は拡大していっているということ。しかもものすごい速さで。
わたしも宇宙にいるのに、そんなことぜんっぜん感じないな。すごいな、わたし。

宇宙には水素とか私たちが知っている元素がふつうにあって、そんなもので星ができているんだって。
私たち人間の体もそれと同じものでできている。
うーむ。わたしは宇宙なのだ。

どうしてわたしは今ここに生きているのだろう。
その疑問の中に、感動を持って、浸れる場所。
それがプラネタリウムだ。

あ、眠るのにももってこいの場所だぞ。

高校生の講習📚

今年も、高校から依頼がありました。
保育を選択している生徒たちが、保育所に実習に行くための事前学習です。
保育所で絵本の読み聞かせをするのです。

きょうは、その第一回目。
まずは、『ぐりとぐら』『はらぺこあおむし』『ピーターのいす』『とらっく とらっく とらっく』『よあけ』『いないいないばあ』を読みました。
いつも、高校生のまっすぐな瞳に感動します。ことしもそうでした。

読み聞かせで一番大切なことは、「子どもたちの期待に応えること」だといいました。
子どもたちはお客さんが大好き、絵本も大好き。だから期待して待っている。その期待に応えてあげて欲しいのです。
そのために、5月に入ったら4時間、学習します。

よい絵本を選ぶこと。
でもそのためにはまず、図書館で貸し出しカードを作りましょう。

ほんと、4月は新しいことや人との出会いがいっぱい。
わくわくしますね。

そうそう、廊下を歩いていたら、イケメン男子に声をかけられました!
「あ、おはなしのおばさん!!!。ほら、〇〇小学校で、めっちゃお話してくれた~」
何人かがわいわい集まってきて、「へ~、そんなん、あったん?」
高校はあちこちの市町村から来ていますからね。
彼もうれしかったようですが、わたしもものすご~くうれしかったです💖

今週のおはなし会 🌷

16日(月)
幼稚園5歳児 一クラスずつ2回
てあそび「ろうそくぱっ」
おはなし「さんびきのくま」村上再話/語りの森HP《外国の昔話》
てあそび「ろうそくぱっ」
ちょうど一年前にも同じ話をしているのですが、とっても新鮮に聞いてくれました。「三匹のくま」は、ほんとに、みんな好きですね~

17日(火)
小学一年生 朝学習
おはなし「さんびきのくま」村上再話/語りの森HP《外国の昔話》
小学校に入って初めてのお話会。幼稚園でおなじみの子どもたちが半数います。しかも、「三匹のくま」が大すきたっだ彼がいてくれたので、私もとっても嬉しかった。お話の終わるころには、お話が初体験だった子どもたちも、なんだかなれなれしくなっていました(笑)

18日(水)
学童保育
おはなし「いい夢とつまらない旅」『空に浮かんだお城』岩波書店
おはなし「おいしいおかゆ」『おはなしのろうそく』東京子ども図書館
絵本『ゆめねこ』真珠まりこ/金の星社
絵本『だいすき』田島征三/偕成社
絵本『ぼく・わたし』高畠那生/絵本館
一年生の男の子が、お話や本がひとつ終わるごとに「もういらんわ」といっていました(笑)
「そこで寝てたらええから」といって、続けました。そうです。子どもも疲れるのです~

19日(木)
幼稚園4歳児 一クラス
てあそび「ろうそくぱっ」
おはなし「おいしいおかゆ」『おはなしのろうそく』東京子ども図書館
てあそび「ろうそくぱっ」
ひとつ大きくなって、活発になった4歳児。人数が減って今年は一クラスになりました。先生はたいへんです!

21日(土)
学童保育
おはなし「かしこいモリー」『おはなしのろうそく』(仲間)
おはなし「なまくらトック」『おはなしのろうそく』
おはなし「かめのピクニック」『語りの森昔話集2ねむりねっこ』
絵本『ものぐさトミー』デュボア/岩波書店(仲間)
絵本『だいすき』田島征三/偕成社
絵本『ぼく・わたし』高畠那生/絵本館
初めての子どもたち。いい子ちゃんだったけど、やっぱりおたがいに遠慮が・・・笑
お話は聞きなれているそうです。
この日は午後からいつもの図書館。これは省略。

というわけで、始まりました~

語りの森総会 開催しました!

昨日、まるで天が笑顔でお祝いしてくれているかのようないいお天気の中、第2回語りの森総会が行われました(^^)v

活動報告・会計報告、『語りの森昔話集2ねむりねっこ』の紹介に続いて、今年もアンパンマンマーチをみんなで歌い、雰囲気を盛り上げました。
緊張している語り手さんたちにも、ちょうどいいウォーミングアップとなったことでしょう。
いよいよお話会の始まりです。
時間の関係で全員というわけにはいきませんが、各クラスで勉強する人々と講師のヤンさんが次々に語ります。
メニューは以下の通り

☆初級クラス
くまのしっぽはなぜ短い 『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』語りの森
馬の首 『おはなしのろうそく29』東京子ども図書館
岩くだきと堂せおいと知恵もん 『日本の昔話5』福音館書店
しおちゃんとこしょうちゃん 『おはなしのろうそく27』東京子ども図書館
雪おなご 『日本の昔話5』福音館書店
だんまりくらべ 『子どもに語るトルコの昔話』こぐま社
☆日常語による語りクラス
さるの肝 『ナーミンのための奈良の民話50話』
くまのしっぽはなぜ短い 『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』語りの森
四百ぶらりん 『日本の昔話4羽前の昔話』日本放送出版協会 より再話
木魂の嫁入り 『日本の昔話1』福音館書店
金剛山のとら 『語りの森昔話集2ねむりねっこ』語りの森
大歳の火 『語りの森昔話集2ねむりねっこ』語りの森
☆再話クラス
きつねとたぬきの化けくらべ 『新装日本の民話6』ぎょうせい より再話
とうふ買い 『日本昔話通観14』同朋舎 より再話
ふぐとたい 『復刻版昔話研究3』三元社 より再話
仁王とがま 『日本の民話11』ぎょうせい より再話
きつねとにわとり 『日本昔話通観22』同朋舎 より再話
☆研究クラス
妖精の女王からのおくりもの 『島めぐり イギリスのむかしばなし』新読書社
銀貨 『本当に読みたかったアンデルセン童話』NTT出版
酋長カイレ 『語りの森昔話集2ねむりねっこ』語りの森

休憩をはさんで、約2時間半、一気にだだ~っと語りを聞きました。
順番が早い語り手さんは語ってしまうとあとは楽だけれど、順番が遅い語り手さんは、緊張の糸が長~い長~い(笑)で、大変だったのではないでしょうか?
聞く方も、「もう、お腹いっぱい」になったかと思いきや、語りの会の後も残ってくださったかたがたのお話を聞くと「楽しかった」とおっしゃっていただき、みなさん、ぜんぜん疲れていない!
語り手さんや、おはなしが好きな人が集まってくださっているとはいえ、うれしい感想に今年も開催してよかったと思いました。
たくさんの人たちがいろいろな役目でお手伝いしてくださり、来てくださったみんなが動いてくださいました。
そのおかげで無事に、そしてスムーズに、かつ楽しく、開催することができたと思います。
聞かせてもらったお話の中で、感想がいろいろあるんですが、それはまた、コメント欄に書かせてもらいます。
今年の参加者数は、54人でした。
語った話、聞いた話、みなさんどうぞ感想をコメントしてくださいね!(^^)!

新・中級クラス始動 🐤

新しい中級クラスは7名で始まりました。
自己紹介代わりに全員に語ってもらいました。
このクラスも個性があってめっちゃ面白いです。
というか、経験を積んでいるので、いい意味では自分の語りかたに迷いがない、悪い意味では固まってしまう傾向がある。
いろいろな姿の話を選んで、姿に応じた語りをめざすのが、このクラスの当面の目標かなと感じました。

中級では、いろんなところからテキストを選んできてもいいことにしています。
むしろそれで、テキストの勉強になると思っています。どう手を入れたらいいかとかね。
これからが楽しみです。

今日のおはなし
「腰折れすずめ」『おはなしのろうそく16』稲田和子再話/東京子ども図書館
「へこきじい」『日本の昔話1』小澤俊夫再話/福音館書店
「九尾のきつね」『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』村上郁再話/語りの森
「語らず姫とかしこい王さま」『大人と子どものための世界のむかし話 インドのむかし話』坂田貞二編著/偕成社
「めしを食わないよめさん」『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』村上郁再話/語りの森
「熟し柿でけが」「重荷をわける」『日本の昔話4』小澤俊夫再話/福音館書店
「この世の光」『語りの森昔話集1おんちょろちょろ』村上郁再話/語りの森

本当のことではない昔話、してくれるの~?👦

きょうは、4月に入って最初のおはなし会。幼稚園の5歳さんでした。
子どもたちが何人か職員室の前で待っていてくれました。
「ムラカミさ~ん」
「〇✖△◎~~~」
「また、ほんとうのことではない昔話、してくれるの~?」

びっくりしました。
本当のことではない昔話!
5歳の子どもが、ちゃんと知っているのです!

昔話は、「むかし、あるところに、、おじいさんとおばあさんが、」と、冒頭で、時代・場所・人物を不特定に語りますね。
それは、この話は本当にあったことではないのだよ、架空の話だよ、という宣言です。
一年と3カ月、昔話を聞きつづけてきたこの子は、昔話がファンタジーだってことをちゃんと理解していたんですよ。
すごい!
ヤンは教えてもらうまでそんなこと考えもしなかったのに。
ヤンよりすごい!

ね、子どもって真実をつかむ能力がすごいのね。
年をとるにつれてあほになっていく・・・

さて、新しい年度が始まり、子どもたちの笑顔もピカピカです。
きょうは、いつもの小学校に打ち合わせで行ってきたんだけど、何人もの子どもに出会った。
みんな、きらきらしてた。
「何しに来たん?」
「きょうは何年生のおはなし会?」
「いつ来てくれるの~」
子どもと話をすると、自分の心もまっさらになる。

わたし「きょうはね、いつお話会するかを決める日を決めにきたの」
子ども「やった~」
わたし「???」

4月のがらがらどん

昨日はあいにくの雨でしたが、がらがらどんにはいつものように元気なババたちが集いました。

おおかみと七ひきの子やぎ  『語るためのグリム童話1』 小峰書店
灰かぶりのマーラ  『バルカンの昔話いちばんたいせつなもの』 福音館書店
カッパと瓜  『おはなしのろうそく31』 東京子ども図書館
手なし娘  『子どもに語る日本の昔話3』 こぐま社
マカトのたから貝  『子どもに語るアジアの昔話2』 こぐま社
銀貨  『本当に読みたかったアンデルセン童話』 NTT出版
みそ買い橋  『子どもに語る日本の昔話1』 こぐま社
いい夢とつまらない旅  『空にうかんだお城』 岩波書店

新刊絵本の紹介

今回、たまたまでしょうが、気合の入った話が多かったような気がします。
どこで語るか決まっていて、「これでどう? なんか意見を聞かせてくだされ<(_ _)> 何言われても泣きません」みたいな人とか…
(わたしなんですけどね。もうちょっと同じ境遇の人がいたような気がしたけど。もしかしてわたしだけ?そうですか。どうもすいません。)

初めてきてくれて、そして語ってくださったかたがいらしたので、自己紹介をしながら和やかに、お茶をしながらみんなでしゃべってましたが、その中できらりと光る中身が!
類話のたくさんある話、何冊も本が出ている話は、出来るだけたくさん読んでみて、そのあとで選ぶということ。
今回出た話の中なら、「手なし娘」や「みそ買い橋」です。
本によってはタイトルが少々違っているものもあるかもしれませんが、話型やATU番号が分かれば調べることができます。
もし、同じ内容でアイテムが違うという場合なら、好きなアイテムの方の話を覚えたらいいわけですよね。
「わたしはこっちが好き」というのに出会えればうれしいですね。

さて、次回は5月20日(日)です。
またみんなで、楽しく語り合いましょう(^^)/
そして絵本もよろしくです<(_ _)>

おはなし初級クラス

こんにちは。4月10日の 初級クラス を見学させて頂きましたので、報告致します。

おおかみと七ひきの子やぎ」 語るためのグリム童話① 小峰書店

みじめおばさん」 語りの森HP → https://katarinomori13.com/wfolktales.html

ほらふき長吉」 日本の昔話② 福音館書店

鼻が長くなった兄さん」 子どもに語る中国の昔話 こぐま社

メケー・ドマ」 語りの森昔話集1おんちょろちょろ 村上郁/再話

講師のヤンさんの語り
カメのピクニック」  語りの森昔話集2ねむりねっこ 村上郁/再話

いやぁ~!おどろきました!
いつもヤンさんから「初級クラスは楽しいよ~!」と伺っておりましたが、ほんとだった!
みなさん、楽しそうに語られるし、
みなさん、どんどん質問するし、
みなさん、学ぶのが楽し~~!!ってことを前面に出されています!
私、初級の頃、こんなんだったかなぁ~???
いやぁ、もっともっとがちがちで余裕なかったなぁ・・・

研究クラスももっとがんばらねば!
楽しまねば!!

最近ねむくて眠くてたまりません・・・
知らぬ間にねむりねっこをかじってしまったようです・・・
どなたかおきるはっぱをお持ちではありませんか?・・・

かぶでした(^_-)

『語りの森昔話集2 ねむりねっこ』ができました💖

ねむりねっこっていうのはね、妖怪。
スロベニアに棲んでるの。
くまとかが冬眠するでしょ。あれって、ねむりねっこのせいなんだって。
とりつかれたら、人間も眠ってしまうの。
ヤンはときどき、電車とか机の前で意識不明になるけど、ねむりねっこのせいなんやな。

で、『語りの森昔話集2ねむりねっこ』読んでくださいね~
市場に流通していないので、各地のかたは地元の図書館にリクエストしてもいれてもらえません。でも、寄贈してくださることはできる。図書館に寄贈しますって、語りの森に申し出てくだされば、送料無料にします。
じつは図書館に置いてもらってたくさんの人に語ってもらいたいの。
ほんとは無料でお分けしたいんだけど、みんなの会費から作ってるので赤字にはできなくてね。
それに10巻まで出したいし。

第1巻のおんちょろちょろとの大きな違いは、原話の幅を広げたこと。
「原話資料」のページを見てみてね。
再話を本にするのに原話の著作権者に前もってご挨拶するの。
だから今回はご挨拶する先生がたや出版社のかたがう~んと増えた。
みなさま、とっても好意的で、いただくコメントにお人柄がにじみ出ていて、嬉しかった。

あ、それから、みなさんにご協力してほしいことがあります。
おんちょろちょろのアンケートにお答えしていただきたいの。
HOMEからできますが、こちらからもできます。→アンケート
みなさんがどの話を気に入ってくださっているのか、どこでどの話を語ってくださってるのか、知りたくて。
お名前は任意なので、私たちにもどなたが書いてくださったか分かりません。だから気楽に書いてくださるとうれしいです。
ぜひぜひお願いします。励みになります。

よろしく~

4月日常語の語りクラス 💺

年度初めの三日。
ババ・ヤガーは日常語の語り勉強会から始まりました。

語り
「ひょうたんのお化け」 『日本の昔話3』福音館書店
「犬と笛」 『子どもと家庭のための奈良の民話1』の共通語から
「かえるの上方見物」 『日本の昔話1』福音館書店
テキスト作り
「なぞ問答」 『日本の昔話1』福音館書店
「かも取り権兵衛」 『日本の昔話2』福音館書店
「おどるがいこつ」 『日本の昔話1』福音館書店
「きもだめしのはなし」 語りの森HP《日本の昔話》

今回はテキスト提出が活発でした。
少しずつ長い話が多くなってきましたね。
もうみなさん、語尾や助詞で苦労されることは少なくなったようで、ずいぶん語りが自然になってきました。
どんどん子だもたちに語ってほしいなと思います。

勉強会で大事なことは、このクラスに限らず、自分の意見や疑問をどんどん口にすることです。
変な奴と思われへんかなとか、こんなこと聞いてはずかしいとか、思っていたのでは、自分のためになりません。
せっかく成長のチャンス。少しの勇気があなたを助ける(笑)
聞くは一時の恥、知らざるは一生の恥・・・ううん、ちょっと違うか。一生の損。
そういえば昔、聞くは一時の恥、知らぬが仏って言うてた人がおった。
なに書いてるのかわからんようになった~
花粉のせいや~~~

各方面で大活躍のかぶさんにかわって、ヤンが書きましたあ