ウーカー のすべての投稿

あったかペーチカ

1.ロバとラクダ  『世界のメルヒェン図書館5』ぎょうせい

2.ブレーメンの音楽隊  『語りの森昔話集4/おもちホイコラショ』語りの森

3.ちょっとでかけるよ  語りの森HP こちら

4.がちょう番の娘  『語るためのグリム童話5/もの知り博士』小峰書店

5.息子とかみなりさま  語りの森HP →こちら

楽しい大人のおはなし会でした。短い話と長い話のプログラム(50分くらい)だったからでしょうか、気持ちよくなりました。実際のおはなし会の時は、聞き手の子ども達も、きっとこんな気分になっているんだろうなと感じました。

おしゃべりの中で、おはなし会の直前(前日)あたりはそわそわして落ち着かなくなるのだけど、みなさんどんな気持ちでどんなふうに過ごしているのか?どうしたらいいか?という話になりました。

前日は予定を入れない。いやいや、逆に前日は予定を入れて気にし過ぎないように、明日を忘れる。そのままおはなし会に行くことを忘れたりして…!(笑)

一つは練習をすること。また、場数を踏んでいくと落ち着くようになると思う。楽しめるようになる。間違えてもうまくごまかして切り抜けられたり、なんかうまくいかなかったなと思ったらじゃあ次はどうしたらいいかを考えたり、ときどきうまくいったり、失敗と成功の体験を積み重ねていくと緊張しすぎることはなくなるはず!という事だそうですよ。

みなさんのおはなしに対する思いや、おはなし会あれこれを語り合う楽しい時間となりました。

次回は8月9日㈫10:15~です。

3月 初級講座報告

2月は逃げていきました。やりたい事たくさんありますね。考えたい事たくさんありますね。去る3月は初級クラスでスタートしました。(もう一週間も前のことか…!)

手遊び う~めにうぐいす たけのこすいせん おひさまかがやくさんじょのじょ♪

1.さるの裁判 『ももたろう/語りの森昔話集5』語りの森

話のすじがおもしろくて、覚えようと思った。引っかかったところは、繋ぎ言葉。(ところが、けれども)自分の言葉に変わってしまって、覚えにくかった。

ヤンさん…この文章では、この言葉、こうきたら、こう、というものがある。ここは何で『けれども』なのか?と、考えてみると覚えられる。納得させるといい。語りが始まれば間違えても気にしない。間違えてリズムが変わって動揺してしまうと、伝えるべき大事な言葉を飛ばしてしまう。最後のさるの会話文「これで元どおりだ」が抜けていたが、これは大事な言葉。

2.老犬ズルタン 『語るためのグリム3』小峰書店

初めて読んだ時に、ズルタンを撃ち殺すというショッキングな事に身につまされた。定年退職を迎える人の境遇に重なる。また、主人のズルタンへの悲哀を思ったり、ズルタンの機微(表面上では分かりにくい心の微妙な動き)を感じ取った上での主人の言葉を思った。そして、ここでのオオカミはよき友、悪者ではないところが、オオカミ=悪者としてのキャラクターイメージが変わっていいいなと思った。

ヤンさん…自分がおはなしをどう受け止めるかは大事。自分の人生と重ね合わせて解釈することも大事。だけど、「役に立たなくなったから撃ち殺す」という事は、象徴的な話としてよくある事。ブレーメンの音楽隊もそう。農場などを営む主人と番犬。自然の脅威から生活を守る事の出来なくなった番犬はいらない、という大きな前提。動物と人間の関係を表している。オオカミのイメージについて、昔話雑学に詳しく書いてある。→ おおかみは悪者?

三匹の子ブタ、赤ずきん、七匹の子やぎでは、おおかみは悪者として出てくる。有名になって広く知られる話となっているが、その他で出てくるオオカミはマヌケな存在、ヨーロッパなどでは、ずる賢いきつねにオオカミがだまされる話が多い。

思い込みがあるかもしれないと思って、調べたり、考えなおしたりすると語りがまた変わってくる。語り方について、P68の真ん中、オオカミが「心配するな、…あすの朝早く、お前の主人は干し草狩りに出かける。そのとき、小さな子どももつれていくだろう。…おまえはそのそばに寝そべって子どもの番をしているふりをしろ。そしたら、おれがその子どもをさらってやろう。…おれがその子をはなしたら、その子を連れて帰るがいい…親たちはおまえに感謝するだろう。」この部分は、こうして、こうする、こうしたら、こうする、というふうに、教えるように語り、聞き手がその段取りを覚えていられるように語る。p70.3行目「ところでズルタン、わしが、おまえの主人の太ったひつじを一頭もらっても、目をつむっててくれるだろうな。…」何でオオカミがズルタンを助けたか、が分かる大事なところ。聞き手の納得感が変わってくる。そう考えていくと最後、オオカミのマヌケさが笑えてくる。

3.ありとこおろぎ 『おんちょろちょろ/語りの森昔話集1』語りの森

色んな話にチャレンジしようと思って選んだ累積譚。覚えて、通してみたら、意外なところでつまずく自分に驚いた。累積部分はリズムで覚えていけたが、こおろぎが今対している相手が誰なのかが分からなくなることが頻発した。(ブタ、ココヤシ、からす、めんどり、蔵、ねずみ、雌牛)なぜ?と考えたら、イメージが出来ていなかったことに気が付いた。以前ヤンさんに聞いた「イメージは背中に背負う」という言葉が腑に落ちたので、そこから練習しかない。また、言葉を間違えたが、言い直さずに語れた。

ヤンさん…語りについては、つな、毛、を立てること。何かわかるように。また、イメージをばちっと作っておくと、累積セリフの後も戻ってこられる。そして、イメージは背負う。人の顔見て、目の前に描くのは難しいから背負う。語りながら見えている。どうしても言葉の暗記に偏りがちだが、自分の中で自然とイメージする、見えてくる。聞き手はイメージしか受け取っていない。イメージがはっきりしていない語りは聞き手の中でぼんやりする。

4.七羽のカラス 『おはなしのろうそく10』東京子ども図書館

前の人の語りに引きずられた。練習していて、気になる言葉が出てきた。同じ人を言うのに、違う言葉がテキストででてくる。女の子、娘、妹。思いついたまま言うような語りになった。舌が回らなくなってきたことも自分で分かる。舌の運動をして気を付けたい。

ヤンさん…覚える時にはテキスト通り覚える。語りだしたら言葉が変わってしまっても、聞き手にはわからない。(変わっても支障のない言葉)そして、最後までストーリーを語る。それが出来ていた。私はお風呂で早口言葉の練習をしている。良い滑舌を保つために、舌の筋肉、口の周りの筋肉を鍛える。

5.ならずのナツメ 『読みがたり大阪のむかし話』日本標準

聞いたことがあった話。子どもが小学生の時、学校から借りてきた本。大阪弁の男言葉が馴染めず、そのままは嫌だなと思いながら…。「なにをいうたりまんねん。このナツメは、やれまへんな。…実も拾うことなりまへんで。」河内の国石川村の話。(現在の南河内郡河南町・富田林市の東隣)ネイティブではないので、難しいが、覚えたいと思った。老人クラブで語る予定。ナツメは懐かしいものという感じ。

ヤンさん…土地言葉と男言葉のテキスト。この場合なら「このナツメはあげられへん。」と、自分で決めて語ると良い。結局は日常語の勉強が必要になる。

この話は弘法さん伝説で、全国にたくさんある。(真心には報酬を、意地悪には罰を)子どもと家庭のための奈良の民話1(奈良の民話を語りつぐ会/村上郁再話)にも、弘法大師のはなし載せている。弘法清水、二度実るくり、弘法さんがくれたお茶、弘法さんとちまき、戦火の弘法大師。

6.足折れつばめ 『子どもに語る日本の昔話3』こぐま社

緊張して、つまってしまったところもあり、うまく語れなかった。小さな大工が家を建てる所はおもしろいところで、たったったったーと語った。

ヤンさん…なめらかな語りで、おもしろかった。せっかくの勉強だから、この場を利用してほしい。子どもの前での語りは?語り手:子どもに語る時は図々しくできる。 それなら、子どもたちと楽しんでみて。みんなの意見:誰でも緊張はする、間違えてもいい、良く見せようと思わない、石と綿と木のイメージで語る、胸のリンパを流す!

ヤンさん 酋長カイレ『ねむりねっこ/語りの森昔話集2』語りの森

癒しのおはなしの時でした。対面で、語り手のおはなしを全身で感じて味わう時、みんなの心が触れ合い重なる時。さまざまな芸術表現がありますが、おはなし会はその一つの形。この非日常を色んな人と空間的に共有することの大切さを肌で感じますし、おはなし会は、子どもにも大人にも必要な精神の糧となるのだと思います。そういえば、人間の日常も誰かのおはなしで溢れてますね…。世間話、新聞記事、ニュース、ドラマ、CMでさえ物語仕立てです。「さあ、自分の物語(人生)はどんなおはなしにしよう?」本質を含む良いおはなしを、語り手の全部を通して聞くおはなし会、そこにはもう愛しかないじゃないですか!?(笑)

そして、こうしたらいいかも、こんな練習してるよ、子どもの反応はこうだったなど、みなさんで気軽に話し合える場があることが、とてもありがたいことだなと思います。毎回、みなさんのおはなしに対する熱意に尊敬の念を抱きつつ、ひたすら集中して五感をフル活用して、書きとめることをしてきましたが、私の初級講座報告は今回で最後でした。報告のおかげで、私自身勉強をさせてもらいました。色んな出典を手にして読む機会もたくさん頂きましたし、おはなしの世界が少し広がりました。ありがとうございました。新メンバーさんお二人も加わり、今後も楽しみな初級クラスですね。

次回は4/12㈫です。

12月 初級講座報告

12月が走っています。そして、あちこちでクリスマス会が行われていますね。子どもたちの笑顔が見られる一時です。大人が手作りした素朴な時間。大人も楽しい。一緒に楽しんでくれる大人がそばにいることが大事だな~と感じます。

ヤンさん手遊び メリークリスマス

前に立つヤンさんは、色んなツリーが出来上がる様子をとても楽しんでいました(笑)

1.かもときつねとからす『語りの森昔話集4/おもちホイコラショ』語りの森

楽しく語れた。長い時間テキストと付き合った。毎月新しいおはなしをしていたので、今回のように2カ月くらいかける方がよいなと思った。時間をかけると違ってくる(語りの変化・成長)と感じられた。このおはなしは、「あるとき」で始まる。また、前の自分は、小がもが食べられることに抵抗があり、どんな風に語ればいいかと思っていた。(迷いがあるうちは語らない方がよいことも聞いていた)ある時、絵本作家・手島圭三郎さんの思いを知った。それは自然の法則を伝えること。生き死にを伝えること。このことをきっかけに、おはなしに対しての引っ掛かりが取れ、大事な話と思うようになった。語りについては、出てくる擬態語をついつい強調したくなるので、すっといきたいと思っていたが、村上さんの語り(下記に記載)を聞いて、分かった気がした。

ヤンさん

このはなしのテーマは、弱肉強食・無駄にはしない自然の中で生きる生き物から人間は学んで生きている。その自然の法則が昔話に残っている。昔話の中のテーマを大きく3つに分けると…1人間の生き方 2自然とはどんなものか 3自然の中での人間の生き方 (小澤さん談)こちらは2番、かちかち山は3番。擬態語について、関西人は擬態語が好き。音のおもしろさを子供は喜ぶ。語りでは自然に入っていたと思う。言い直しについて、とっさに出てしまった違う言葉がストーリーに差し支えない言葉なら、言い直さずに語る。気にせず先に進む。リズムが変わることになるので、後が崩れる心配はある。本番のつもりで、言い直さないで語る練習もすると良い。言い直したり、つまったりすると、聞き手と距離ができてしまう。丸暗記ではなく、語りを自分のものにする。

2.こびとのおくりもの 『語りの森昔話集1/おんちょろちょろ』語りの森

娘が3年生の時におはなし会で聞いてきて、「げっつようび、かっようび~♪」と歌っていたので、いつか語りたいと思っていた。練習時間がもう少し必要だった、自信の無さが語りに出た。娘の宿題の音読の内容が…「私が座右の銘にしたい言葉は『日々の積み重ねが自信をつくる』だ。…私がこの言葉を選んだのは、自分の自信の無さをどうにかしたいからだ」というもので、聞いた時切実に受け取った。語りの途中、歌っているうちにちょっと自信が無くなってきた。

ヤンさん

言い直しがあったが、言い直さなくてOK。このはなしは、歌で進む話。『こぶとりじいさん』も歌だが、歌が上手いか下手かになっている。こびとのおくりものは、明るく、歌って楽しむ話になっている。竹原威滋先生は『こびとのおくりもの』の研究していた。(グリム童話と近代メルヘン 三弥井書店 『第四章・グリム童話と民間伝承の東西交流』)語りは楽しかった、大人は一緒に歌わないからね(笑)、子どもは一緒に歌ってくれる。

3.ちょっとでかけるよ『語りの森HP』語りの森

聞き手を巻き込む語りをすることを考えに考え、大変だった。繰り返す言葉のちょっとずつ変化するニュアンス、テンポの良さは、練習で身に着くものではないので、村上さんの録音、紙芝居(偶然出会ったツボがとことこ)、役者の演技、最終的に落語を、聞いたり、見たりして、自分に取り込む努力をして、もうわからん出たとこ勝負のものだと思った。そして、力を抜くことに努力して、最初ツボを手に入れるまでに一笑いしてもらったら、なんとかいくと思い切った。おはなしとしては、取り過ぎている人から貧しい人へ、富の分配をするツボの正しい行為がテンポよく描かれていて、深いテーマをおもしろく聞けると思った。第三世界の人たちに対して、自分も旦那さん側であることを気づかされるはなしだと思った。

ヤンさん

「値打の無いものと交換していく」話が冒頭に入っている。しあわせハンス、ヘレーじいさん、パティルの水牛、とりかえっこ(ロシアの民話下)、父さんのすることはいつもよし(アンデルセン)。類話によってオチが違う。→こちら(しあわせハンス) →こちら(類話)雇い主が利益の多くを独占している、聖職者でさえも。そして、自分も。語り手が気付くと聞き手に伝わる、深いところで気付く(後でも)。答えを早く教えなくていい、手渡しておいて、自分の中で育てていって分かる時が来る。普段も気付いて、そうやって自然に理解していく。テレビなどでは、搾取する人物像が映像で描かれ、それを受け身で見るので「私は違うわ」と思ってしまう。

4.仙人の教え 『日本の昔話5/ねずみのもちつき』福音館書店

プライベートレッスンを受けていて、力み過ぎなのが課題だった。人格の中にあるものが、人物の会話文に現れるように語ろうと思った。息子が母親の目を治してもらおうと、苦労して仙人世界へ向かう、その途中で三つの頼まれ事を引き受ける。仙人には三つまでと言われ、息子は困ってしまう。母親の目のことを一番にきいてほしい自分(語り手)がいたが、他の3人の切実な願いを受け止めて練習した。4年生に語る予定。

ヤンさん

今回が2回目の本番だったので、そうやってこなれていく。その間に自分の中での学びがあり、回数を重ねることで語りが変わる。違う子どもに何回も語ると良い。内面の成長段階では、5年生がぴったりの話。「頼まれたことを先に聞いて帰ろう」という事が納得できる精神年齢に合わせる。頼まれたことを先に聞いて帰ることが大事、だけど、そう覚悟していく本人は欠如している、困っている葛藤は聞き手の中にある。「あんたやったらどうする?」と問いかけるように語る。欠如が充足しないと終われない。それが最後に大きな喜びに繋がる。『母親は、「どれ、どれ」といって、手さぐりで石の玉をさわりました。』この、描写の無いところが難しい大事なところ。そして、目が見えるようになる。『みるまに天から黒雲がおりてきて、大蛇は火の玉となって天にのぼっていきました。』ここは、ダイナミックに、黒雲と赤い火の玉が見えるように、ゆっくり語る。可能なら4年・5年・6年と語る。どの学年に合うか、吸い込まれるように聞くかを探ると良い。

ヤンさん語り ヘンゼルとグレーテル 『語るためのグリム童話1』小峰書店

三枚のお札 (日常語) 『日本昔話百選』三省堂

魔女と鬼婆がとってもよく似ていました!そして、「こっちへおいで~」と誘われて美味しいものを食べさせてもらい、寝させてもらう、小僧さんとヘンゼルとグレーテルも。三枚のお札になるまでに、日本にやってくるまでに、何がどうなったのでしょう~?!後ろの呪的逃走は、どこの国でくっついたんでしょう~?各国のおはなしを読んで知っていくうちに真相に迫っていけるかもしれませんね。今回も楽しいおはなし勉強会でした。初級クラスは、しばらくお休みですが、その間はあったかペーチカへあったまりに行きたいです。そして、その長い冬休み期間中に読んでおきましょうと、おはなしの本リストを頂きました。読んだらチェックの欄もあります!語りたいおはなし探し。前に読んだ時はそうでもなかったのに、語りたいと思うおはなしに再び出会えるかもしれませんね。そういう事って、あると思うんですが、その時とは違う自分になっているってことですもんね。自分が変わったことをおはなしが教えてくれるんですね!リストはおはなし入門クラスの時に頂いたものと同じだそうですが、たくさんありますよ~読み進めるのが楽しみです♪

次回は3月1日(火)です。