いわさきちひろ 絵本の講座📚

すっかり秋です。
朝晩寒くなりました。
いろんな秋のある中で、今日はいわさきちひろの絵本の講座がありました(*^-^*)              

絵本の会さんが主宰される勉強会で、講師はヤンさんです。
最初は参加者がおはなし会形式にすわり、ヤンさんがいわさきちひろの紙芝居と絵本を読んでもらいました。
いつもながら、じっくりと絵本を読んでもらうのっていうのは楽しいものですね!
自分で読んでいたとしても、誰かに読んでもらうのとは全く違います。
自分で読むときも、じっくり目を通そうと反省しました。
ところで、いわさきちひろの絵が世に出た第1作目は紙芝居だったんです。
わたし、知りませんでした~。
というか、いわさきちひろについてまったく知識ないんですけどね。
(堂々と言いますが…)
以前、うちに『おふろでちゃぷちゃぷ』と『母さんはおるす』があったんです。
わたしが買ったのではなくて、なぜかあったわけです。
どちらも作者はいわさきちひろではないんですが、とってもかわいい絵なんですが、あまりにも内容が違うんで「どういう人?」とずっと思ってました。
それに、きれいでかわいい絵ですが、中に「ドキッ!」とするほど淋しそうな子どもの絵があるので、少々暗いイメージを抱いていました。
今回の勉強会で、資料の年表を丁寧にたどってもらって、いわさきちひろの生涯を超短縮でなぞっていくと分かるところがありました。
分かるというのはおこがましいですが、淋しいのではなくて、やっぱり子供への目が暖かい人なんだなと思いました。
資料にあった、松居直さんの文章の〝感じる絵本〟という言葉で、何かが分かった気がしました。
輪郭線がなくて分かれ目がオーバーラップしているような絵は、描いてある事物よりも先に目の奥で何かのイメージを先に作るような気がします。
そして、淡い色のイメージではありますが、かなりカラフルです。
色があふれている感じがします。
見た途端に一気に目を通り抜けて頭の奥でイメージを作るようだなと思いました。
いわさきちひろさんの足跡を知ると、ほんとに好きになりました。
いったい今まで、なんで二の足を踏んでいたんだろうと損した気持ちです。

最後にうれしい情報も教えてもらいました(*^-^*)
京都駅で作品展があります。
「生誕100年いわさきちひろ、絵描きです。」
2018.11.16~12.25
美術館「駅」KYOTO
詳しくは → こちら
グッズも充実しているようです!
(買い物は外せません)
知っていたのに改めて好きになったいわさきちひろ!
まだ興奮気味です!!

いわさきちひろ 絵本の講座📚」への2件のフィードバック

  1. いわさきちひろの絵は学生の頃から目にしていて、童画の代表と認識していました。それで、子育て中に、童心社の赤ちゃん絵本や至光社の絵本でちひろの絵を目にすると、安心感がありました。
    ちひろが共産党員であったことは知っていましたが、今回改めて人生をたどってみると、生まれと育ち、敗戦があたえた影響、そのすべてがあの絵に映し出されていたのだということが分かりました。
    あんなに柔らかくて優しい絵なのに、細部に力が宿っているのは、彼女がとても強い人だったからだということも分かりました。
    あらためて考える機会を与えてくださった絵本の会のみなさんに感謝します。
    拙い話を聞いてくださったみなさん、ありがとうございました。

  2. ヤンさん、すばらしいお話ありがとうございました。
    ジミーさん、参加していただき、ありがとうございました。

    ヤンさんが読んで下さった1冊目の、第一声で、ぐっと引きこまれてしまいました。
    ヤンさんの声と語り、ちひろさんの絵と文~
    これまでに感じたことがない気持ちを感じました。

    こんなにいい季節に、ちひろさんの世界へ連れて行ってくださり、本当にありがとうございました。これから一冊一冊丁寧に読んでいこうと思います。

    ちひろさんの絵のように、子どもたちは、昔も今もかわいいです。
    子どもだちの笑顔が消えることがない平和な世界を守っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です