闇に願いを🕯️

『闇に願いを』
クリスティーナ・スーントーンヴァット作/こだまともこ・辻村万実訳/静山社/2024年3月

その都市は、大火で燃え尽きて闇が広がった。
そこへ、光を操る男があらわれ、総督となって、都市を復興させた。
総督は、人びとを火災から守るために、火を使うことを禁じた。そして、すべてのエネルギーは、総督の作り出した光の玉から発せられるようになった。
つまり、総督がすべてを支配したのだ。
総督は、法を作り、法のみが正義だと人々に信じさせた。

光の玉には、序列があって、貧しい人たちは弱い光の玉しか買えない。
だから、いつまでたっても貧しいままだ。

というような背景のもと、法を犯した母親から生まれた少年ポンが、刑務所から脱走するところから、話は始まります。
ファンタジーです。
つぎからつぎへと、手に汗にぎる事件が展開します。

どんなに絶対的な能力があっても、使い方次第で、世の中の役に立ったり世の中を滅ぼしたりする。
善良であれ。

テーマははっきりしていて、気持ちがいいです。
ただ、翻訳のせいかもともと原典がそうなのかわからないけど、言葉がちょっと軽いかな。それが残念。

**************

きょうのHP更新は、《日本の昔話》「阿波の清左衛門と京の古金屋伝兵衛」
語ってくださいね~

 

 

2 thoughts on “闇に願いを🕯️

  1. ヤンさん、本の紹介をありがとうございます。
    面白そうな本ですね。
    表紙の都市のイラストが、大阪城が集まっているような、香港や北京の大きなホテルのような、アジアチックなのがまた不思議で、内容が気になるように誘っていますね。
    表紙だけでは何のことかわかりませんが、ヤンさんの本の紹介を読んでとっても興味がわきました。

  2. ジミーさん、コメントありがとうございます。
    作者スーントーンヴァットさんは、タイ系アメリカ人だそうです。両親がタイ料理店を営んでいたとか書いてありました。それで、東洋風だし、南洋ふうなんだと思います。マンゴーとかドリアンとかが出て来ます。
    ぜひ読んでくださいね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です