お気づかい、ありがとう!

先週は私たちが住まう某所では、蛍がきれいだったらしいですよ。
みなさん、見に行かれましたか?
蛍のあの点滅は間隔が地方によって違うそうです。
関西は2秒に1回、関東は4秒に1回なんですって。
チカチカ、と、チ~~カなんでしょうか。

さて、土曜日の図書館のおはなし会も、長ぁ~い常連さんがいっぱい。
0歳から10歳の子ども13人、大人5人のスタート。

 手遊び  「メロンパン」
 おはなし 「ハヴローシェチカ」 『語りの森昔話集2 ねむりねっこ』
                  村上郁再話 語りの森
 絵本   「ぱんだ ぱんだ」 しばはら・ち さく/え 新日本出版社
 絵本   「すいかのたね」 さとうわきこ 福音館書店
 絵本   「かかかかか」 五味太郎・さく 偕成社
 手遊び  「さよならあんころもち」

「メロンパン」の手遊び、みんな大好きですね!楽しそうでした。
今回も常連のために、いつも(聞いてる)のお話じゃなくて、
あまり聞いたことのないお話「ハヴロ―シェチカ」をしてくれました。
最後のほう、「貴族」を説明しようと、ヤンさんがあれこれ考えてとまった間に、
「……つかれてんの?」とツッコむ10歳常連さん。
おお、フォローのつもりか?
または単に素直な気持ちかはわかりませんが、こういうのが面白いから、
常連さん、ナイスツッコミ、これからもお願いしますよ!(なんてね😊)

お気づかい、ありがとう!」への1件のフィードバック

  1. おらふさん、報告ありがとうございます。
    おらふさんが書いてくださるので、夢中で過ぎ去った30分を、いつも冷静に振り返ることができます。
    そう、きのうは面白かったなあ。
    じつは、子どもの前で語っていて、途中で止まって言葉が出てこなかったことは、生まれて初めてだったんです。みなさんが、よく、「頭が真っ白に~」っておっしゃる意味が、わかりましたよ。こわいですね(笑)
    いつも、聞き手の顔を見ながら語ってて、難しい言葉だと思ったら、ぱっと言葉を置き換えるのね。で、そのときも、「貴族」は無理やなと思ったんで、前もって考えていた「りっぱな身なりの」を言おうとして、出てこなかったのよ、ううう。あせってると、Hちゃんが、「疲れてんの?」そのとたん、むせてしまって、ゲホゴホ。しかたがないから、「あんね、貴族って言おうと思ったんやけどね、わかるかな?」「ううん、わからへん」「えっとね、お金持ちでね」とごまかしながら、最後まで「りっぱな身なり」が出てこなかった。
    あああ、疲れてんのね(笑)
    子どもに助けられながら語っているヤンばあちゃんでございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です