月別アーカイブ: 2021年6月

昔話の解釈ー偽の花嫁と本当の花嫁、けもの息子とけもの婿8👸🤴

マックス・リュティ『昔話の解釈』を読む

第6章偽の花嫁と本当の花嫁、けもの息子とけもの婿

「けもの息子」は、「偽の花嫁」と展開の仕方が似ていると、リュティさんは言います。

具体的には...

けもの息子
1,主人公はけものとして登場
2,暗闇の中でけものの皮を脱ぐことができる
3,最後に日の光の中で人間の姿となることができる

「マレーン姫」
1,はじめに塔に閉じこめられる
2,荒れ野でイラクサを食べ、台所で灰にまみれて働かなくてはならない
3,最後に本当の花嫁であることが明らかになる

「がちょう番の娘」
1,腰元に身を落とされる
2,粗末な着物でがちょうの番をする
3,最後に本当の花嫁として素晴らしい衣装を身にまとい、王子の側に立つ

これらの話は、魂あるいは精神の発展の姿が描かれていると、リュティさんはいうのです。そして、子どもの心に信頼の念を吹き込むと。

何に対する信頼かといえば、
人間存在には発展とか成熟とか成就とかいうことが可能であり、自然でもある、そしてそれには欠乏や苦悩に耐えることが必然的に含まれている、という信頼の念
です。

思春期の子どもたちや若い人たちがこのような信頼を心に持つことができれば、現実社会のさまざまな理不尽に立ち向かっていく(ときには耐えていく)のがずいぶん楽になるでしょう。勇気をもつことができると思う。
「がちょう番の娘」や「かえるの王さま」は数限りなく語ってきたけれど、ここまでの意味があったなんて、ヤンは気づかなかったなあ。
「マレーン姫」や「ろばの子」を語られる方もたくさんいるでしょう。
なんとかして、子どもたちに伝えていきましょうね。
そんな思いもあって、《おはなしひろば》に「いのししの王子」を、《外国の昔話》に「ばらの花とけもの」を再話しました。きょうは、「世界のはての井戸」をアップします。

**********

日常語の語り入門講座の募集を始めましたよ~
さああなたも、思い切ってやってみよう~

ババ・ヤガーの通常クラスの皆さま、昨日からプライベートレッスンの予約が始まってます。いま2日埋まってます。秘密基地へどうぞ~

語りの会🌼日常語の巻

コロナの感染予防の続く中で語りの森の総会が2年行えず、何かできることはないかと考えて、オンラインで語りの会をすることになりました。
自分が考えたみたいに書いてますが考えたのはヤンさんです(笑)
まずは、日常語の語りに限定した会をすることになり、無事に開催できましたので報告します(^^♪

プログラム
1「ぶんぶくちゃがま」語りの森ホームページ
2「節分のお客」『語りの森昔話集3しんぺいとうざ』/語りの森
3「ペナンぺと子犬」『日本の昔話5』おざわとしお再話/福音館書店
4「旅人馬」語りの森ホームページ
5「犬と猫と金のえびすさんとだいこくさん」『日本の昔話3』おざわとしお再話/福音館書店
6「ちょうふく山のやまんば」『日本の昔話3』おざわとしお再話/福音館書店
7「きつねの恩返し」『日本の昔話3』おざわとしお再話/福音館書店

1・2・4が、フレッシュルーキー語り手さん、3・5・6がベテラン語り手さん、そして7がヤンさんです。
ちょうど、フレッシュさんとベテランさんが半々になってますね。
語っているときの言葉は4以外はざっくり関西弁です。
京都弁と大阪弁ですが、それぞれの中にも区別がありますから関西弁というのはざっくり過ぎますが、関西弁圏内のどれか、あるいはどれかとどれかのちゃんぽんということです。
4だけは、ご出身が関東のかたです。
まったく違う言葉使いですが、日常語で語られるのを聞くということの楽しさはいっしょですね。
それは、ルーキーさんとベテランさんの区別もなくて、いずれも楽しいのと同じだと思います。
語ってるほうは必死なんだけども、聞いているほうは気が抜けてほっこりしてるんですよね。
〝今日は聞くだけだから安心!ラッキー!!〟〝語り手に当たってなかったら最高!〟って、みんな思ってるんじゃないかな(笑)
わたしもそうですが…。
語り手として緊張はするけれども、日常語のほうが語るのは楽なんじゃないかと思います。
それは、外国の話でも日本の話でも語るときにリズムが大切なのは変わらないと思いますが、日常語にするとリズムが取りやすいからだと思います。
日常語のほうが間が取りやすいというか、普段話しているときには気にしていないその時の間が日常語のテキストに入り込んでいるから(つまりリズムが取り込まれているから)、覚えやすくて語りやすいんじゃないかと思います。
と、わたしはそんな事を思いながらみなさんの語りを楽しく聞いていました。

総会の時くらいしかお会いできないかたが来てくださったのも嬉しいことでした。
今日のために苦労してzoomに入れるように努力してくださったみなさんもありがとうございました。
そして、参加したいと思っていたのに様々な理由で来られなかったみなさんもおられました。
録画が成功していますので、語りの会に参加できなかったかたにお届けできるようになりましたのでURLをご存知の方はどうぞご覧くださいね。
これも、私ができるようにしたみたいに書いていますが、やってくれたのはヤンさんなんで書いときますね(^^)
なんか、語りの森はこの頃すごくないですか?
zoom勉強会に語りの会、そしてオンデマンド配信も!
時代に伴走してますね~~。
わたしも必死に追いついて行かなければならないという状況に追い込まれております。
自分を追い込むとともに、そのためのエネルギーを蓄えることも忘れず、今日もバランスを取るためにせっせとスイーツを…(笑)
何はともあれ、久しぶりにみなさんのお話を聞けて嬉しかったです。
秋には『語りの森昔話集』のおはなしを語る会をする予定です。
こちらも楽しみです(*^▽^*)

6月度 中級クラス☂

先月に引き続き、6月度の中級クラスもzoomでの勉強会となりました。

前回同様、「さあ始めましょう」といきたいところですが、発表予定のNさんの声が聞こえず・・・お顔は見えていますし、こちらからの声は聞こえるようですが、肝心のNさんの声が小さすぎて聞こえないトラブル発生。音量設定が低いだけかと思うのですが、原因が分からず・・・結局最後まで声が出ず、発表もできませんでした(´;ω;`)次回までに解決して、「パティルの水牛」を聞かせてくださいね!

前回は6話の発表で盛り沢山過ぎたため、今回は4話の予定でしたが、急遽Nさんもなくなったので、3話だけの発表となりました。時間的余裕があり、皆さんの意見もお聞きするとことができました。では、報告です。

(語り)

①がちょう番の娘 『語るためのグリム童話5』/小峰書店

勉強会では全員の語りが終わってから、一人ずつ講評をしてくれるのですが、ヤンさんはまず「言い訳どうぞ~」と聞いてくれます。Nさん、個人的に大変なことがあり、練習不足で覚えきれなかったそうです。日々の生活の中で介護や子育てなど諸事情があるでしょう。人それぞれ大変なこともあるかと思いますが、語る時間は現実逃避して、自分のために、ひいては子ども達のために練習しましょう。

練習をしているときは集中して、自分もおはなしの世界に入れますよね。私は毎年胃カメラを受けるとき、苦痛から少しでも逃れたくて、おはなしを心の中で語っています。そうすると、時間が経つのが早く、我慢できます・・・ジミーさん的に言うと、そんなことはどうでもよい。(笑)

本題に戻ります。の町には、大きな暗い門があって、お姫さまは、朝に夕にその門を通って、がちょうたちを野原へ連れて行くのでした』

ストーリーの中にある説明文ですので、そのことを意識して語りましょう。また、「大きな暗い門」、がちょう番の娘が通るたびに話しかける、ファラダの首が打ちつけられている重要な門ですが、皆さんはどんな門を想像していますか?

「グリム童話 メルヘン街道(グリム兄弟が書いた童話の足跡をだどれる全長約600kmの街道)」と検索してみてください。ブレーメンの音楽隊やオオカミと七ひきの子ヤギが舞台の街並み、まりを抱えたかえる、いばら姫やラプンツェルの古城などが画像で確認できます。

また、語るためのグリム童話シリーズ(小峰書店)の挿絵を手掛けた、『オットー・ウベローデ グリム童話全挿絵集/古今社』も参照し、イメージを膨らませてみましょう。

『ガチョウ番の娘は、ストーブから出され、お姫さまの着る着物を着せられました。その美しさは、まばゆいばかりでした。』

この場面は正体が現れた、自分のあるべき姿に戻った瞬間ですので、心を込めて語りましょう。

年とった王さまが腰元に「それはおまえのことだ。おまえは自分に対して裁きを言い渡したのだ。その通りにしてやろう」の言葉は、怒りを込めて語ると残虐的になるので、淡々と語るほうがいいとのアドバイスでした。ヤンさんは悲しみを込めているそうです。

ストーリーは長くて重いです。最後まで緊張感を持って語る必要がありますので、言葉は間違えず、寝ても言えるようにしましょう。

ヤンさんの経験からは、男の子主導ではなく、女の子がしっかりしたクラスなら5年生の3学期からでも語れるとのことです。

②ヘンゼルとグレーテル 『語るためのグリム童話1』/小峰書店

ジェニィが語りました。言葉は入っていましたが、完成度の低い語りでした。全体的に淡々となり、盛り上がりもなく、音読のような感じだったかと思います。これでは子ども達の心に響きませんね。

このおはなしは一回目は小石を拾い、道に落として、無事家にたどり着き、2回目はパンを道にまき、小鳥が食べてしまって道が分からず、お菓子の家にたどりつきます。繰り返しではありませんので、同じ言葉にはなっていません。

例えば、子ども達は目を覚ましていて⇔子ども達は起きていて、親たちが寝てしまうと⇔親たちが眠ってしまうと、もう夜になっていて⇔もう夜で、細かな言葉も気になり、自分の中でどんな風に語ればいいのか分からないまま発表してしまいました。

ヤンさんからのアドバイスとして、急いで正解を求めようとせず、色んな言い方で練習をするとよい、何度も練習しているうちに、自分の中でこれだ!と決まってくるそうです。勉強会で語るときは、このレベルまで持ってきてください、と先月も言われていたのに・・・

語っていて楽しい要素が沢山あるのに、細かな言葉にとらわれて、私自身が楽しめていませんでした。

③ヤギとライオン 『子どもに聞かせる世界の民話』/実業之日本社

「ほら、こんな歌ですよ」や「おいしい肉って何のことかわかりますか。」とあるように、聞き手と語り手の間で楽しむおはなしですね。聞かせようとは思わず、肩の力を抜いて語るといいそうです。ただし、ヤギとライオンの立場が逆転していくことを意識することが大切です。

最初のライオンの歌は、ヤギが聞いて怖い(暗い)イメージで歌ってみましょう。一番最後は「ものすごい早口で歌いつづけました」となっていますので、早口で一気に、歌い終わったあとは息が「ハアハア」と出てしまっても構わないそうです。

語り方のアドバイスとして、最初から最後まで同じリズムではなく、まとまりで捉えましょう。例えば、冒頭の場面、

①ある日、ヤギが夕立にあってずぶぬれになりました。②頭からも角からも雨がざあざあたれています。

③ライオンが窓からずぶぬれのヤギを見ました。ライオンはヤギに、

②は①の文を説明しているので、間を短くし、続けて語るほうがいいです。逆に③は場面が変わるので、少し間をとるといいでしょう。

2年生に語られる予定だそうで、2年ならストーリーは理解できるので、テンポよく語りましょう。学年を変えて語ってみると、感じ方の違いがよく分かるそうです。その学年で一番うけたときの語り方を覚えておくといいですね。

個人的な都合で、来月からのブログはジミーさんにバトンタッチさせてもらいます。約3年間、拙い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。

明日は「語りの森のzoomによる語りの会・日常語の巻」がありますね。日常語の語り、聞いているとほんわかした気持ちになります。楽しみです♪