月別アーカイブ: 2021年10月

はっと気がついたら~🌄

秋ですよ~
空は高く 雲は白く
地面からは冷ややかな気配

いいなあ
うれしいなあ

秋ですよ~

マスクをそっと外して秋の風を胸いっぱいすいこみましょう。

マスクといえばア〇ノマスク。
世界いち(?)有名なあのマスクが、配られなくて8000万枚以上保管されてるって、テレビで言ってた。保管費が6億円だって!ひえ~
どんなお蔵に秘蔵されてるんやろか。
拙宅よりは百倍も立派な建物なんやろな。
「マスク」とも呼べない(°ロ°)
うちのア〇ノマスクも神棚にあげておくことにしよう。

コロナが始まったころやったね。
いまじゃ、布マスクはだめ、不織布でないとって、言ってるけど、そのときは分らんかったんやね。
けど、よう分からんのに走りだしたらあかんよね。政府は、わたしらの命の責任者なんやから。
わたしら税金払ってるねんから。

そういえば、いきなり学校が休校になったよね。
おはなし会どうしましょって小学校に電話して、校長先生がいいですよやってくださいっておっしゃって、その夜7時のニュースで、一斉休校するって!
おはなしおばさんはいいけど、先生たちは、上を下への大騒ぎでしたね。
休校があったりリモートがあったりで、とばっちりを受けたのは、子ども。

緊急事態宣言が出たときは、緊張したなあ。
それがまさか4回も出るとは思ってなかった。
なんで4回も出すねん!1回でなんとかしぃ!

それでもなんでもオリンピック・パラリンピックは、やったよなあ。
選手から勇気と元気をもらうのは、わかるよ。
けど、なにも、コロナの中でなくてもいいやん。
そのお金でコロナ対応してほしかった。

そういえば、ワクチン接種も右往左往したな。
めっちゃ不安やった。
つぎは3回目の接種や。今度はうまいことやってや。

コロナ第5波が収まったのは、政策のおかげやない。
わたしらのがまんのおかげや。
医療関係者の必死のパッチの努力のおかげや。

失礼・・・

明日は、衆議院選挙。
コロナという非常事態があって、いろいろ考えた。
個人の力ではどうしようもないことは、政治がやってくれないと困ります。
愚痴ばかり言ってないで、前向きに、行動したい。
というても、一票入れるだけですけどね。

明日は雨かも知れないけど、選挙に行きましょね。
選挙行っても何も変わらないと思っているあなた。
あなたが棄権しなければ、何かが変わるかもしれないです。

ヤシノミ作戦って、ご存じですか?
当選してほしくない人とか党を、ぽとぽと落とすんですって。
だれに入れていいか分からないときの、まあいうたら、消去法ですね。

************

きのうのおはなしひろばは、高知県の昔話「じゃんこじゃんこ」
あの賢い男の子のように、知恵を働かせたいものです。
聴いてね~

 

10月の中級クラス

みなさまお元気ですか?
なんだか急に寒くなって、風邪をひきそうな予感がし、「あかん、あかん、特に今はやば~い!」と、慌ててあったかい服や布団を引っ張り出しました。
10月の中級クラスを報告します。

「三びきの子ブタ」『イギリスとアイルランドの昔話』石井桃子編・訳 福音館書店
「名人四人きょうだい」『おはなしのろうそく31』東京子ども図書館
「ギーギードア」『おはなしはたのしい』田中康子編
「がちょう番の娘」『語るためのグリム童話5』小澤俊夫監訳 小峰書店
「舌切りすずめ」『日本の昔話2』おざわとしお再話 福音館書店
ヤンさん
「元気な仕立て屋」『イギリスとアイルランドの昔話』石井桃子編・訳 福音館書店

どれもこれも、みんな面白く楽しかったんですが、今回は「三びきの子ブタ」にアクシデントというか、ハプニングがあり、このことについて書かせていただきますね。
これは、語り手ならば誰にもあることですが、語っている最中に言葉が出てこなくて、頭が真っ白になったということがまさにこの日、「三びきの子ブタ」の最中におこったのですよ。
語り手さんは十分練習をしてこられていて、覚えたてとかではなかったし、家では滑らかに語れておられたそうです。
しかしながら、最初のほうで一か所小さく引っかかってしまったのを起点に、その後失速してやがて、練習では間違ったりしなかったところでなぜか言葉が出てこなくなったんだそうです。
これは、だれにでもあることなんでしっかり対策を勉強しないといけないと、わたしは気を引き締めたものでございます。

練習して滑らかに語れるようになると、自然とリズムが生まれてきます。
この話は、三回の繰り返しがあり、その繰り返しのリズムがうまれます。
そして、1回目から3回目へ進むにつれて子ブタがだんだん強くなっていくクレッシェンドもあります。
こういうことを意識しながら家で一人で練習していると、生まれてきたそのリズムが定着してきます。
そのリズムは、自分にとって心地よいリズムでもあるわけです。
そのリズムで必死に練習しますよね、みんな。
これで大丈夫と思って勉強会でみんなの前で語ったときに、始めのほうの小さな引っ掛かりがその定着したリズムを狂わせてしまい、その後雪崩のようにうまく続かなくなったということがおこったというヤンさんの解説に、大変納得いたしました。
練習しているときは、リズムができたと思ったらそれを疑わずに練習を続けますもんね。
自分だけのリズムというのは、当然聞き手や語りの場のその時の空気を予測できるものではありません。
語りながら、聞き手の様子を見て判断することですもんね。
ですから、一人で練習するときには自分の好きなリズムだけでなく、早口言葉のように早く言ってみたり、反対にゆっくり言ってみたり、いろいろやってみるのがいいそうです。
そうしてどんな風にも語れるように練習しておいて、初めて本番で聞き手が求める間で語れるようになるということです!!
納得!!

このクラスは初心者ではなくて中堅どころが集まっていますがやっぱりいろんなことがありますよね。
他人事ではないので、大変勉強になりました(^_^)

あったかペーチカ(仮)のかたが案内に来てくださって、11月からの会のお誘いをしてくださいました。
初級クラスと中級クラスのメンバーがいっしょに語るというのはとっても面白いと思います。
お世話してくださってありがとう~~(^^)/~~~

絵本講座📚

きのうは、図書館主催の絵本読み聞かせ入門講座の4回目。

コロナ対策のため定員が10名と少ないのですが、少人数を活かした学びができないかと、司書の方と相談して進めてきました。

絵本とは何か、子どもにとっての絵本の意味は、など、基本的な講義もしつつ、今年は、先週第3回で、「私の大切な絵本」を受講者の皆さんに持参していただき、おはなし会形式で読んでもらいました。
子どもの頃の絵本や、子育てや孫育てで出会った絵本などなど、10冊が個性的に並びました。そして、その思い入れも語っていただきました。
人と絵本との出会いやかかわりについて考えることができました。

それだけでも大変興味深かったのですが、きのうは、司書さんが、その10冊と、同じ著者の作品や同じテーマの作品を数冊ずつ、会場に展示してくださっていました。
おかげで、先週本を紹介した本人もふくめ、みんなにとって世界が広がりました。
司書さんのプロの仕事に、拍手!

で、きのうは、「よい絵本の見つけ方」がテーマでした。
みなさんには、この本どうかな?と疑問に思うものを持ってきてくださいと、宿題を出しておきました。

これがまた、おもしろい本が並びましたよ。

たとえば。
『みてる』(岩合光昭)を取り上げて、わたしは好きなんだけど、幼い子には写真より絵のほうがいいんだろうかっていう疑問。
もちろん、写真だからこその意外性や面白さがあります。それで、写真絵本の良さを確認することができました。

たとえば。
『もこ もこもこ』(谷川俊太郎・元永定正)を取り上げて、これって、子どもにどんなふうに読めばいいんだろうという疑問。
どんなふうにでもいいんですよね。自分の感性で楽しんで読むのが大事。そして、子どもに「もう一回!」て言われるうれしさ。

たとえば。
『えじえじえじじえ』(谷川俊太郎・佐藤可士和)を取り上げて、これはどう読めばいいんだろうという疑問。
じつは、わたし、まだ読んだことなかったんですよ。お恥ずかしい。
強烈におもしろい絵本です。

などなど、疑問からこそ学びが広がるんだなあと実感しました。
少人数だからこそできる学びです。

次回は最終回。
4回の学びをもとに、図書館でこれぞという本を探してきてもらうのですが、めっちゃ楽しみです。

************

きのうのおはなしひろばは、ペローの「長ぐつをはいたねこ」。
聞いてくださいね~

ああ、北風にのって、わた雲が飛んでいく~